flower border

書庫童-syokowarawa-

本メインの筈が、パンとお菓子のブログと化しております。書庫に住み着く座敷童「書庫童(ショコワラワ)」が甘党なのかしら?

野菜入りスィーツ♪「れんこんと小豆のパウンドケーキ」

Category手作りパン&お菓子&道具の話
『れんこんと小豆のパウンドケーキ』というモノを焼いてみた。
野菜のレンコンをケーキに?
「なんて勿体ない!!」と、ケーキ(を食べるの)が得意ではなく、レンコンが大好物な私は思っちゃう訳だが‥某所でチャレンジしてらっしゃるのを拝見し、つい。ついね。(爆)

その某所。プロ経験もなく、教室にも通ったことがない、拘りはあるけど、基本我流適当なお菓子&パン作りの同士(同志でもあるかも)であり、頼りになる姐さんでもある、あきらさんのブログ『それでもわたしはパンを焼く』あきら’s_Styleさんで紹介されていたのは、パティスリーポタジエ柿沢安耶氏によるレシピ本掲載のケーキ。
「パティスリー ポタジエ」といえば、関東圏ではテレビや雑誌で頻繁に取り上げられている人気店であり、関西在住の私も一応知っているお店である。前々から興味はあった「ポタジエの野菜ケーキ」となれば、「レンコン入りなんて~」と、いいながらも期待しちゃったりもするわけで。

いざ、いざ、いざ、いざ!!
チャレンジで御座い~~~~~!

■「れんこんと小豆のパウンドケーキ」
レンコンケーキ1
基本レシピ通りだが、「ゆで小豆」と「さらしあん」を買うのが嫌だったので、自家製粒あんで代用。レシピでは砂糖55グラムにさらしあんの甘さが加わるがゆで小豆には甘みがない。粒あんで代用により、砂糖を30グラムに減らした。
レンコンケーキ2

味は「家用なら普通に美味しく食べられるケーキ」。(爆)

お店のケーキはもっと立派なようだが、実店舗がある場合大抵のレシピ本はそれより劣るものを載せている。当たり前だが、売り物のケーキのレシピは大事な大事な宝物。外になんて出せる筈がない。
ってことで、これを「御持たせ」にできるレベルにするには多少のアレンジが必要。
今回の初チャレのケーキは粒あんのせいで、少し甘過ぎた(これはレシピのせいではない)ので、同じ材料でいくなら砂糖は10~15グラムで良さそう。
レンコンをシロップ煮してから使用というのは微妙。生地に影響を与えないなら、塩味でもいいかもしれない。飾り用などは特にね。で、中身にはすり身を入れたりなんかして。生地に混ぜ込んだレンコンのシャキシャキ感の維持は無理そうだし、すり身で生地にモチッと感を出せればその方が面白いかも。
ま、もう1回位はチャレンジしてみる予定。

パティスリーポタジエのナチュラル野菜スイーツパティスリーポタジエのナチュラル野菜スイーツ
(2008/04)
柿沢 安耶

商品詳細を見る


あきらさんも仰っていたが、ここのケーキは、オーガニック野菜を使っているというのが売りではあるが、実際に作ってみた「れんこんと小豆のパウンドケーキ」に関しては、決して「ヘルシー」とは言えない。お店への感激コメントでは「メタボ父が大喜び」などとあるが、メタボさんには危険な油っ濃さなのである。
割と濃厚であるパウンドのパウンドたる配合「粉=バター」よりバターが多いケーキは、レンコンへの油のシミっぷりで危険度がわかる。(爆)

「おいしくて、安全で、身体にやさしい」材料は使っているけど……
食べ過ぎにはご用心!(笑)

メタボさんにおススメな、「おからケーキ」「豆腐ケーキ」「寒天ケーキ」と同様なものではないことをご理解の上チャレンジを。

ポタジエさんでご使用になられてる材料でいえば、卵はともかく、小麦や砂糖などの基本材料は我が家で使ってるものと同レベル、もしくは以下。これには入っていないがお店で使ってるBPも同じ。あとは無農薬や有機の野菜があればオッケーということで、輸入食材を使うケーキよりは作りやすいと言えると思う。

野菜スィーツは、専門店こそなかったが、家庭ではあたり前。(柿沢安耶氏談)
その当たり前は和食の世界に繋がるものであり、当然のごとく、そのお店で出される甘味には野菜から作ったものが多い。そんな和食店の人気スィーツを載せた本を見つけたので、それにも近々挑んでみたいと思う。

今回のポタジエのレシピ本は、使う気さえあれば、野菜だってなんだってスィーツになる!ということを感じさせてくれた、野菜スィーツの入門書というより、門や扉のような本だったように思う。
あきらさんがハマっちゃったのもわかる、チャレンジ精神がムクムク沸いてくる野菜スィーツの世界は、目立たない入り口の先がとてつもなく広いのかもしれない。

ってことで。
冒険の旅に、いざ!
迷子にならない程度にね。

ヤバイと思った方は、あきら先輩の先導付きでどうぞ。
ポポポ←ハトじゃないし。

ブログランキングに参加中!
ポチッと一票お願いしま~す。

6 Comments

charki  

しのにぃさんこんにちは
先日はコメントありがとうございます
私も勇気を出してコメントを・・・
いつもいつも美味しそうなパンやお菓子を焼かれてますね
しのにぃさんもあきらさんと同じ野菜スイーツの旅に出たのですね!
すごいわ~、勇気あるわ~
私の大好きなレンコンをケーキに入れるなんて
あの食感がどんな風になるのか想像も出来ません・・・
私には重くて開けない扉だと思うので
ぽぽぽぽーの先輩としのにぃさんのブログで楽しみたいと思います

2008/10/22 (Wed) 21:45 | EDIT | REPLY |   

しのにぃ  

>charki様

こんばんは。
ご訪問&コメント有り難うございます。charkiさんに遊びにきていただけていたなんて、嬉しいですねv-238
コメントまでいただき、更に嬉しくなった私であります。

どうぞ、これからもよろしくお願いいたしますe-51

これぞ「冒険!v-476」な、野菜スイーツの旅には御一緒していただけないようで残念ですが、ぽぽぽぽーの先輩v-519と私の「危険な旅」をどうぞ、生暖かい目で見守っていてくださいね。そして、もしも危険すぎる!と判断された場合には、助けに………。(爆)

2008/10/23 (Thu) 00:21 | EDIT | REPLY |   

あきら  

こんちは。金と有休を料理に使いまくってるあきらですが、なにか。
ぽぽぽーの先輩って誰やん?って周りきょろきょろ、あたしやんw

おお!これかい?
そっか、つぶ餡という手もあったんだなー。さらしあん自体家にストックしてる
家庭なんてないもんねー。

そうねぇ、ポタジエレシピ本見たときに目を疑ったのが砂糖が何も指定してなかったこと。
てっきりキビ砂糖などを使うものかと・・・。ただ、色がついちゃうと見栄えが悪くなるものね。
野菜スイーツを作り出して思ったことは、意外に洋菓子の世界って狭いんだなって。
使える材料なんて限られてるもんね(笑)
今度のターゲットは牛蒡とにんじんでっせ!
小松菜もほうれん草のようにくせはないので向いてるかもね?
そうだ、charkiさんはわたしらと味覚が似ていると思われ・・・。
たぶん・・・(笑)

2008/10/23 (Thu) 15:03 | REPLY |   

しのにぃ  

>ぽぽぽぽーの先輩こと、あきら様

え~と、ちーちゃんとこからでしたっけ?あきら先輩と呼ぶと、ぽぽぽの鼠先輩が浮かんできちゃうようになったのは。なんか定着しちゃいました。私の中で。(笑)

さらし餡って、こないだどこかのメーカ-のものが回収されてましたよね~。
もともと、あまり良い素材を使っていないイメージがあって、買ったことないんですよ。(←メーカーによると思いますけど)便利なんでしょうけど。
まぁ、どうせ餡を買うなら冷凍できるクオカと富沢のを買いますね。

ポタジエ本は、「冒険家?」の私たちにいい刺激を与えてくれましたよね。
私より危険な道へと走りそうなあきらさんは、先駆者になるやもしれません。
私などは、貴女の踏み固めた道をスキップしながら通る、似非冒険家になる可能性が大ですけど。(爆)

>「charkiさんはわたしらと味覚が似ていると思われ」

焼かれてるパンの種類を拝見してるとそうかも?と思います。そういう方が沢山現れたら、ハズレなく美味しいレシピに出会える可能性がまた広がりますねv-10
ラッキー!v-221



2008/10/23 (Thu) 17:52 | EDIT | REPLY |   

かづき  

甘さがない分食べやすいんだろうなー野菜スイーツ。
でもバターの多さには気を付けないとなんだね(笑)
今のところ野菜スイーツには出会えていないので、お味がとっても気になります。

2008/10/23 (Thu) 19:50 | EDIT | REPLY |   

しのにぃ  

>かづき様

そう思うでしょ?でも、素材に甘さがないからと「甘く」煮てから使ったりしてるせいか、結構甘かったんですよ。v-40
で、粉量が少ない割にバターの量が多いので、かなりオイリー。(爆)
和食デザートに多い、冷菓のほうが野菜を生かしやすいでしょうね。
研究を重ね、野菜スィーツが上手に作れるようになったら是非かづきちゃんも味見を。(笑)

2008/10/23 (Thu) 20:30 | EDIT | REPLY |   

Post a comment