flower border

書庫童-syokowarawa-

本メインの筈が、パンとお菓子のブログと化しております。書庫に住み着く座敷童「書庫童(ショコワラワ)」が甘党なのかしら?

大人の「スパゲティ・カルボナーラ」

Categoryおうちグルメ・便利知識メモ
All Aboutの記事の中に、美味しいそうなレシピを見つけた。口説きパスタ十番勝負のレシピ「原点回帰のカルボナーラ」だ。男の手料理で、女の子を唸らせようっていう特集なんだが、本格的な材料を使ってつくるパスタレシピが多数!女の子を口説く予定はないが、このレシピには興味津々、涎ダラダラだ。
十番勝負のレシピには、「原点回帰のカルボナーラ」以外にも、「干しイチジクとマスカルポーネ・チーズのフェットチーネ」や「ローマ名物アマトリチャーナ」など、興味を引かれるレシピがいろいろあったが、まずは、カルボナーラからチャレンジしてみることにする。が、食材集めがなかなか進まない。卵黄はともかく、ペコリーノチーズとグァンチャーレ(塩豚)、ブカティーニ(ペルチャテリーニとも呼ばる中心に穴の開いたパスタ)はなにそれって感じ。手に入れるまでにかなりの時間がかかってしまった。というか、グァンチャーレはどこにも売っていなかった。ヘ(T◇T)ノ仕方なく、これは代用品で済ませることに。

生クリームに埋もれたカルボナーラとは違うというペコリーノチーズのパスタ。実際に作ってみると、とっても簡単。そして、なかなか美味。(チーズの味が濃いので人によって好き嫌いがでると思うが)ただ、長いマカロニっていう感じの穴あきパスタは、いまひとつ。次回は是非普通のパスタで作ってみたい。
材料が高くつくので、普段は生クリーム(うちでは牛乳の時もあり)でつくるカルボナーラを楽しみ、たまに奮発してこの「原点回帰のカルボナーラ」を楽しむのがいいかもしれない。
(このレシピはチーズやハムの風味を楽しむ、シンプルなパスタです。一般的なクリームパスタのようにソースたっぷりなものではありません。そして、大人向けの味です)

■主な材料と試作例
カルボナーラ カルボナーラ2

0 Comments

Post a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  『グアンチャーレ』について
  • グアンチャーレグアンチャーレ (guanciale) とは豚肉|豚の頬肉、いわゆるトントロを塩漬けしたもの。表面にスパイスやハーブを刷り込んであるものが多い。豚のばら肉を使うパンチェッタよりも脂身が多く、ローマ料理として有名なカルボナーラは、日本でよく用いられている燻
  • 2007.02.09 (Fri) 02:02 | イタリアン♪コメスタ