flower border

書庫童-syokowarawa-

本メインの筈が、パンとお菓子のブログと化しております。書庫に住み着く座敷童「書庫童(ショコワラワ)」が甘党なのかしら?

6月の焼き焼き三昧(その2)「パン」

Category手作りパン&お菓子&道具の話
まずは、5月に焼いた岩石「胡桃レーズン入りハードパン」のリベンジ。今回はインスタントドライイーストではなく、クオカで購入していたパネトーネマザー粉末を使用。

※イーストやパネトーネの説明はこちら。

■リベンジ成功!胡桃はケチって入れてないけど。(爆)
6/2天然酵母パン

全回焼いたときに全粒粉を使い切ってしまったので、今回はふすまを入れた。その分少し風味が落ちたけど、ふすまも使い切ってしまいたいので、まっ、ショウガナシ。ヽ(^。^)ノ
■お次はHBパン♪
6/2HBパン

定番の配合だけど、なかなか不安定な焼き上がり。今回サンヨー機で焼いたものは見事に失敗。半分の大きさのひしゃげたパンに。何故かもの凄くフワ&もちで美味しかったけど。(爆)←パンが沢山欲しい人にスライスしたものをおまけとしてつけちゃった。
この失敗により、新旧ナショナル2台では必要数が焼けないことになり、空いていた弐号機(サンヨー)で2斤分の生地を捏ね、オーブンで焼くことにしたが・・・・なぜか2斤とも半分サイズ。釜伸びゼロ。この2斤は温かいうちは餅化しているのを我慢すれば食べれたが冷えたパンはキツかったので、プレーンは冷凍。もう一方の黒餡入りは餡量が多かったため、家人がケーキのように食べた。(爆)
プレーンもトーストすればなんとか食べれそうなのでヨカッタ。(^▽^;)
で。足りない分は申し訳なく思いつつも、お急ぎモードで焼き上げ。イースト量が1.5倍、2時間で焼き上がった。イースト臭くはなかったけど・・・なんか嫌。Σ(T▽T;
今回、できるだけ焼きたて・・・を目指していつもより3時間ほど遅い焼き始めにしたが、失敗があると間に合わないんだわ~。(>_<) 次回は失敗しないと・・いいな。
あとあと。
初号機(旧ナショナル機)が壊れないと・・いいな。
(今回パン羽根がまわらないというアクシデントも!)
参号機(新ナショナル機)、君が頼りだ!

☆パネトーネマザーいろいろ
パネトーネ酵母とイーストの割合8:2はメーカーにより違う。私が買ったクオカのパネトーネマザー粉末は上覧の「※イーストやパネトーネの説明」に出てくる酵母工業のもの。インスタントドライイーストはフェルミパン約20%。同商品はプロフーズでも扱っている。こだわり食材 572310.com8のものはオリジナルで、フェルミパン約24%。

「お菓子材料の店クオカ/パネトーネマザー粉末250g」=「プロフーズ/酵母工業/パネトーネマザー粉末250g」
■「プロフーズ 酵母工業/パネトーネマザー粉末250g」

■こだわり食材 572310.com8(オリジナル)パネトーネマザーN 200g




ブログランキングに参加中!
ポチッと一票お願いしま~す。





0 Comments

Post a comment