flower border

書庫童-syokowarawa-

本メインの筈が、パンとお菓子のブログと化しております。書庫に住み着く座敷童「書庫童(ショコワラワ)」が甘党なのかしら?

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐ母の日♪「簡単ラッピング」講座

Categoryラッピングについて
5月の母の日まで、残りあと僅か。そろそろプレゼントを確保しなくちゃね~。
てなことで、まずは無難に香水をゲット。

高級店やお洒落ブランド店なら、キレイに格好良く、ラッピングしてくれるんだけど、一般的に母の日用のラッピングは「ダサイ」。花柄包装紙に、母の日とかかれたシールで短いピンク色のリボンをとめた、母の日ギフトの定番ラッピングが・・・大変「ダサイ」。( ̄ー ̄)
香水なぞは、百貨店と一般小売店の価格差がもの凄く大きいものであるからして・・・・、貧乏人としては、迷わず一般的なお店で購入しちゃうわけだけど・・「花柄包装紙+母の日シール+ピンク色のリボン」は、嫌ん!なワケで・・・・・。ヽ(´∀`)ノ

こういう時こそ、あれやこれを使わないとね!
家に「貯めている」リボンとかをね~~。( ̄▽ ̄)V

でも、買い置きしている包装紙は、過去に使用したことがあるので、「覚えていない」だろうけど、今回は使用せず、別のものを利用。専用品を買うと高いんだけど、「コレ」なら1枚数円。捨てずに正規の利用もできてエコ~~!(o^ー')b

■いい感じでしょ?
母の日ギフト1

■こういうのが
母の日ギフト3

母の日ギフト4

■100均で買える「コレ」でギフトラッピングできちゃうの♪
母の日ギフト2

袋をそのまま利用してもいいし、半分に切っても使える。(リボンは「どこのお店のものかわかりにくい」ものを選んで利用してね~。)
今回利用した「ワイヤー付きお花」は、洋菓子ギフトなどについているもの。針金部分を隠すように、リボンを巻くのがポイント。シンプルなほうがよければ、ブルーの箱のバージョンのように、リボンなしでも。(その場合は、針金が表に出ないよう注意してネ)
■ラッピングしたものを送る場合は。
母の日ギフト6

少し大きめのビニール等に入れ、横にひろがらないよう、セロハンテープで固定。リボンや飾りを潰さないよう、該当部分を膨らませ、袋の口をしっかり締めれば、エアパッキンの出来上がり。瓶ものなら、それを更に梱包材でくるめば、見た目もキレイに、安全に送れる。
■このくらいなら、梱包材でくるむだけでもオッケー。
母の日ギフト8

ブログランキングに参加中!
ポチッと一票お願いしま~す。

- 9 Comments

シルフィー  

おはようです♪

もうすぐだよね、母の日。
今年は原油高の影響でカーネーション農家が大打撃を受けて大変なことになっているんだとか!?
夫の母にはいつも花キューピットでお願いしちゃいます。
好きな物とかわからないし。。けっこうわがままな人だし下手に選んでもあまり喜ばないタイプなので、毎年変わり映えしないけど、お花の好きな人なので綺麗なお花で一時鑑賞してもらえばそれでいいかと割り切って。
茨城の母は「お花はいい。こっちだと折角綺麗なお花が届いても3日と持たないから。」って言うし。汗
母の日も誕生日も、母には希望を聞くことにしているんだけど、今回は「醤油」とか言うから却下させてもらいました。爆
誕生日は秋なので、近年は決まって漬物の仕込み用の「酒かす・こうじ・素酢・砂糖・・を送ってちょうだい」なんてリクエスト。「そっちで買えばいいじゃん。」て思うんですけどね。。汗 
あー、ラッピングとは程遠いわ。。

それにしても、排水口用の不燃布も使えちゃうなんていい知恵だこと!
同じく100均のレンジ周りのクロスでリカちゃんのコート作り♪ってのも画期的だけど。
素敵なリボンでとても素敵な仕上がりになっちゃいますね☆
お母様も気分がいいでしょう~。(^-^)

2008/04/30 (Wed) 08:58 | EDIT | REPLY |   

りぼんねこ  

<あぁ、こういう所にセンスの差って出るのね(^^;)
私は母の日は完全無視wですけど
この技は、友人の誕生日のプレゼントとかに是非試してみます★
以前にラッピングの本とか買ったこともあるんですけど
技が高度すぎて、見るだけで疲れてしまったり・・・w
How To本って、見るだけで納得して、「もう、いいか…」って
思いがちなんですよ、私の場合。
それにしても、しのにぃさんは、このラッピングを自分で考え出したのでしょうか?
捨てずに再利用できるって言う所が、賢いお嫁様していますね。
お母様も、こんな娘を持って嬉しい&安心されていることでしょう(^0^)

2008/05/01 (Thu) 13:03 | REPLY |   

しのにぃ  

>シルフィー様
そうなんですか。私はここ何年もカーネーションは贈ってませんが、毎年5月はフラワーアレンジにカーネーションを使うと高くついて大変!と先生が仰っていました。今年はその一時の需要の多さに、原油高まで被さっているんですね。今後、他のお花も値上がりしそうで悲しいです。(´・ω`)
親世代へのプレゼントってのは、結構難しいですよね。服やバッグ、アクセや花束、そして鉢植えのお花。いろいろ試しましたが、どれもこれも・・・はっはっはっ~~。( ̄ー ̄)
美味しい食べ物も、「一度に食べてお腹を壊した」とか・・・もう制御不能です。香水が一番です。あとはスィーツつけておけばオッケーです。ヽ(´∀`)ノ

>りぼんねこ様
私も「楽しいのは」友人おバースデーの方です。(爆)
不燃布は、袋から取り出したときに「使える!」と思ったのであります。
ご友人へのプレゼントに是非。(^3^)/

2008/05/03 (Sat) 06:05 | EDIT | REPLY |   

ちーちゃん  

我が家も母の日は、お花を昨年から贈っています。
だって夫の母から苦情が来たものですから・・・・(苦笑)
誕生日さえお祝いしてくれればいいのって言う言葉を信じて?!きたのですが、やはりよそ様と比べるのでしょうね。
ちなみに便乗して私にも子供達の名前でお花が届く事になっています。夫には、父の日には何ももらえないのにと愚痴をこぼされますが・・・・・
それにしてもしのにぃさん、すごいです!!
こんな排水口用の水切りがお洒落なラッピングに使えるなんて、あなたは天才です♪

2008/05/03 (Sat) 06:38 | EDIT | REPLY |   

シルフィー  

おはようです。

連休も部活の娘を送り出してホッと一人時間のシルフィーです。(ヒマ人)

しのにぃさんもちーちゃんも、嫁業はいずこも同じね。笑
どうして物をもらう時の態度って悪いんでしょうか?爆!
なんで人の気持ちに対して「苦情を言う」という態度に出るのか!?
いい歳した親が・・と呆れもし情けなくも感じます。
普段は特に問題なく良好な関係を築いていても、こういう時って本音になるというか、大人気ない態度をあらわにして、人としてそれってどうよ、と思うことあります。

お礼の声も空々しいってわかる時あるし、お世辞っぽい声でこれみよがしに言うんじゃなくもう少し誠意をもって振舞えないかな・・って、立派な大人で年上で仮にも親なんだからちゃんとしたとこ見せて欲しいな・・ってシルフィーは思う!
言っちゃあなんだけど、お礼を言う時なんてシルフィーの方がよっぽど心をこめて誠意を伝えている自信あります♪それがいも・かぼちゃでも!(気分屋で愛想の無い低い義母の声を次第に柔らかく明るく高い声にして気分良くおしゃべりさせるという忍耐強い特技があるみたいよ♪)
はっきり言って、息子(シルフィー夫)なんか全く親孝行してませんよ。自分の親のことなのに全く関知なし。私がいろいろと日頃から考えて「こうした方がいいんじゃない?」「たまには電話してあげて」「今体の調子が悪いみたいだよ」・・母の日だって父の日だって訪問時の手土産だって、いつだって夫は「そんなのいい。」って言うだけ、私が「それじゃダメだよ。」ってとりなして仕向けて親子の関係を良好に保たせてあげて、私が何もしなかったらどうなってるのよ!?なのに。。(終わってます、爆)

去年の父の日に本場山形からの佐藤錦を手配して贈ったんです。
私たちなんか一度も口にしたこと無いし、これからだって無さそうなものだけど、季節柄自分で直に買える贈答用フルーツにはまだ早い時期で、無欲で無趣味で自室にこもってテレビを見ているだけの義父に必要なものや喜ばれるものって考えられないし、じゃあ、義母の好きな高級なフルーツなら無難だろうと、一家で味わって喜んでもらえるだろうと夫と相談して選んで手配したんですよ。
茨城の母にだってそこまで気を使わないし贈らないのに。。
でも、「さらっとしか入って無くて一人何個かずつ分けたらそれでお終いだった」とか「やっぱり自分でじかに見たもので買わないとね。」とか、勝手なこと言いました!ありがとうより文句の方が多いってことは、全然ありがとうになってないじゃないですか!
贈り物ってむずかしいものだし、一緒に住んでいるなら好きなものや欲しいものがわかることもあるし、近かったらプレゼント以外の方法もできるけど、何がいいか考えた上で気持ちを届けているのに、その気持ちの部分より物質的な気に入らない点を突いて声に出す・・って?それが親の態度?
人って、長く生きて経験を積み重ねて出来た人間になるというより、わがままで自己主張をするようになるということかねぇ。。泣

思いっきりボヤいてしまいました。(笑)

2008/05/03 (Sat) 10:22 | EDIT | REPLY |   

しのにぃ  

>ちーちゃん様
「義」父母&親戚のお祝いやプレゼントに関しては、面倒でも、贈っておいたほうが無難ですよね。(@_@;)
「いらない」とかそーいうのも含め、コメントはその時「だけ」の気分で言ってる方も多いですし。(爆)
まあ、両父母共、直で会いにいくよりモノを送るほうが楽なので、ある意味自分の為なのかもしれません。それで喜んでくれるなら、それにこしたことはないです。(^3^)/

>シルフィー様
人間・・・人によりますが、50を過ぎたあたりから、「自分が一番」「自分だけ特別」になっていく方が多いみたいですね。子どもより自分の欲望に正直な気がします。小さい子どもや若い人が死にそうになっていても、「年寄りで可哀想な自分」が先に助かるべきだ・・みたいな。お年寄りは大事にすべきですが、尊敬できる方よりそうでない方が増えているような気がする昨今・・・自分が「醜い」中高年、老人にならないよう気をつけないと!と思います。
年を取ってもチャレンジ精神をなくさず、前向きで、何があっても「なんとかなる」と笑っていられる・・そんなおじいちゃん、おばあちゃんは素敵ですよね。
1本、ビシッと筋の通った大人として年を重ねられれば・・・ついでに政府もそうなれば・・・嬉しいんですけど。「いつからの暫定よ?」とつっこまれないような?( ̄ー ̄)

何もしない息子・・は、単独ならそれはそれで許せるんじゃないでしょうか。「ほんとは優しい子なの♪」「男の子だから♪」で。(笑)
嫁がからむとそうはいきませんし、細やかに何を手配しようが、自慢の息子の手柄になりますけど。(爆)

2008/05/03 (Sat) 18:11 | EDIT | REPLY |   

まゆ  

すばらしい発想ですね!
こういうセンスってどこで身につくんでしょうね。ウチでは使わない水切りフィルターがあるのだけど、これがみかんネットみたいな
タイプ・・・・。これじゃダメだわね(^^;
身近なものをうまく使うアイデアはすごいと思います。

2008/05/06 (Tue) 06:56 | EDIT | REPLY |   

シルフィー  

おはようでございます。

年を取ってもチャレンジ精神をなくさず、前向きで、何があっても「なんとかなる」と笑っていられる・・そんなおじいちゃん、おばあちゃんは素敵ですよね。

ですね。
父が他界して一人暮らしになった茨城の母を見た時に、「歳がいってもいろんなことに興味関心を持ったり好奇心を持って新しいことにチャレンジしようとする人は若々しいな・・」と思いました。母はその逆で、何か話題に出してもすぐに「お母さんはそういうの嫌いだから。できないから。」と話をまともに聞かず途中で遮ってばかりでした。
歳がいくとそれまでの人生経験でいろいろしてきていて、もう大抵のことでは驚かないし面白がらないようになっちゃってますよね。中高生の女の子みたいになんでもキャーキャー騒いだりするのと対照的に。「新しいこと」が無い毎日になってしまうんだと思います。でも、いくつになってもその「新しいこと」のある人は若々しいんじゃないかな?って、思いました。
なので、私も、ささやかでも自分なりに新しいことを始めたり取り組んで頑張ることにしています♪やってるとやはり自分でも気持ちがいいです。(^-^)
母も、その後、それまでの自分からは想像もしていなかった絵手紙の世界に入って、すっかり楽しんでいていいことだと思っています。(^-^)

そうそう、この連休で夫が帰宅していて昨日赴任地に戻る時に夫の実家に寄ると言うので、母の日のお花を直接届けてもらいました。花キューピッドより豪華なお花になるし♪義母の好きな白いカサブランカをメインにそれが引き立つようにアレンジを作ってもらいました。実際どういう仕上がりになったか?は私は見れていないのだけど、喜んでくれましたよ~。
連休前は「体調がすぐれないから今回は来ないでちょうだい。」と電話してきましたが、憎たらしいけど自慢で可愛い次男が久しぶりに顔を出してお花を持って来てくれたのが良かったのか、随分元気になり声も明るくなっていました!(^-^)

2008/05/06 (Tue) 09:30 | EDIT | REPLY |   

しのにぃ  

>まゆ様
みかんネットは流石に使えないかもですね。(爆)
身近なものを上手く使う、いや使いまくる、まゆさんに褒めていただけて光栄です。\(≧∇≦)/


>シルフィー様
シルフィーさんのお母様は、自分の「好きなこと」を見つけられたのですね。\(≧∇≦)/
自分で見つけ、自分で楽しむ。これが一番ですよね。\(≧∇≦)/

旦那さまの母上は、素敵な花束を手渡しでプレゼントされて嬉しかったでしょうね。
年を取ると「気が滅入った」時に、自分で気分転換するのも、それをすすめられるのも嫌がる方がいますが、どうこうしようなどという意図もなく、楽しい会話を振ったり、心が晴れるようなプレゼントをするほうが、ご機嫌の回復には効果的なように思います。
関心の対象が、「自分」と「子ども」と「テレビ」だけ・・・・・今後のことを考えると心配になってきますが、お互い身の回りの人間が、「自分で人生を楽しむ」ようになってくれることを祈りましょう。

2008/05/10 (Sat) 00:25 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。