flower border

書庫童-syokowarawa-

本メインの筈が、パンとお菓子のブログと化しております。書庫に住み着く座敷童「書庫童(ショコワラワ)」が甘党なのかしら?

1人「穴子押し寿司フェア」終了!(爆)

Categoryおうちグルメ・便利知識メモ
1月中旬から、無性に食べたくなった「穴子の押し寿司」。今日までに2回ほど外食やテイクアウトで食べてはいたが、本日はとうとう家で作ってしまった。市販の煮穴子を付属のタレと共に、お酒やみりん、砂糖、少量のお出汁&塩で煮込み、フルーツ酢で作った寿司飯にのっけるだけの邪道品ではあるけれど。(ΘεΘ)
押し寿司用の木箱・・・は、残念ながら持っていないので、お弁当箱&ラップで代用。角がきっちりでていない、みっともない出来な上に、実はご飯がしっかり冷めていない・・・というタブーまで冒したが、まあまあ食べれる味に仕上がり。

沢山食べたので、穴子への渇望は消え、これで「1人穴子押し寿司フェア」終了!
万歳!\(≧∇≦)/

■小骨がチラホラ見えるけど、食べられる堅さでした♪
穴子押し寿司


ブログランキングに参加中!
ポチッと一票お願いしま~す。

2 Comments

まゆ  

ときおり何かをむしょうに食べたくなる欲求ってありますよね(笑)
私は先日「富山のますの押し寿司」が食べたくなって作りました。
こっちは鮭の産地ですし、作れないわけはないだろうと思って。

一度作ってみると「あぁ、こんなもんか」と思うのか、いつでも作れると安心(?)するのか、すんなり欲求はおさまるんですよね(^^;

とかく北海道は物流が独自。
ゆえに大手メーカーのものでもこちらでは入手不可能なものもあるものですから、記憶に残る「アノ味」を求めて何でも作るようになりました。
しのにぃさんとの交換会だったら、そういう地域限定レアグッズ交じりっていうのも面白そうですね。ま、私が満足いくパンを焼けるようになってから提案させてもらう予定ですけど(笑)

2008/02/22 (Fri) 09:26 | EDIT | REPLY |   

しのにぃ  

>まゆ様
そうですよね。こんなことって、ありますよね~~!
穴子の押し寿司から浮気して、「ますの・・・」にも目がいきましたが、更に高額だったので、流石にそちらは諦めました。(笑)
(味を覚えるほと食べたことがなかったので、作ろう・・とも思いませんでした。作れたら嬉しいでしょうね。)

地域限定レアグッズを混ぜた手作り便・・・楽しそうですねv
機会がくるその日までリサーチに励んでおきますね。常温で送れて軽くて、お手頃価格のものを!(爆)
お互い送料が凄そうですから、少しでも軽くしないとね。(笑)

てなことで。
まゆさん自慢のパンが食べられる日をドキドキしながら待ってますね。私からの荷物は違う意味でドキドキですが。(爆)

2008/02/22 (Fri) 16:02 | EDIT | REPLY |   

Post a comment