flower border

書庫童-syokowarawa-

本メインの筈が、パンとお菓子のブログと化しております。書庫に住み着く座敷童「書庫童(ショコワラワ)」が甘党なのかしら?

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の1瓶を開封「さようなら栗の渋皮煮」

Category手作りパン&お菓子&道具の話
昨年の秋、人生で初めてとなる「栗の渋皮煮」に挑んだ。
最終段階までキレイにカタチが残った栗はほんの少しで、瓶詰めにすると、ジャム瓶3本とミニ瓶1瓶にすべてが収まってしまった。

■最後~~!(T□T)
渋皮最後


1本目(3粒入り)は取引先の方がみえたときに、お茶菓子として開封。ミニ瓶なので1人1粒でおわり。
2本目(6粒入り)は渋皮煮がちゃんとした味に仕上がっているか確かめてもらわなくっちゃと今年のお正月に母にプレゼント。
3本目(6粒入り)は今年初のお花のレッスンに持参。失敗ポンデだけでは申し訳ないからということで、母から美味しいと太鼓判を押してもらった渋皮煮を持ち込んだのだ。ここでも1人1粒でおわり。

そして4本目である最後の1本(5粒入り)を本日開封。家人が3粒、私が2粒食べて、昨年度に作った渋皮煮をすべて食べ尽くした。手間暇かけて作る渋皮煮だが、なくなるまではあっという間。ヽ(´∀`)ノ しかし、とってもとっても美味だったので、今年の秋にも是非チャレンジしてみたいと思う。今度はもう少し上手に皮むきしなくちゃね。最低でも6瓶くらい作りたいもの。(^3^)/

■翌日のランチは簡単「きのこのパスタ」
1.17パスタ


★関連記事はこちら。“秋の味覚を瓶詰めしちゃおう!「栗のメープルシロップ煮&渋皮煮」”

ブログランキングに参加中!
ポチッと一票お願いしま~す。


- 2 Comments

Madame K  

貴重な一粒!

本当にツヤも良く、きれいでおいしそうな渋皮煮ですね~。渋皮に全然傷もなく、きれいな出来上がり。食べてしまうのがもったいないみたいです!

2007/01/23 (Tue) 22:24 | EDIT | REPLY |   

しのにぃ  

>Madame K様

貴重な一粒はあっという間になくなりました。(涙)
傷がついたものは、瓶詰めする前にたべちゃったんですが、そのときの「出来たて」より、瓶詰めにして保存したもののほうが上品な味に仕上がっていました。\(≧∇≦)/
次回は皮がめくれたものもまとめて瓶詰めしちゃおうかしら・・・。(^^;

もしも、職人並の腕を持つMadame Kさんが作られたなら、最後まで皮が無事な渋皮煮がいっぱいできるんでしょうねぇ。あ~~ん、食べてみた~い!( ̄▽ ̄)V

2007/01/24 (Wed) 02:10 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。