flower border

書庫童-syokowarawa-

本メインの筈が、パンとお菓子のブログと化しております。書庫に住み着く座敷童「書庫童(ショコワラワ)」が甘党なのかしら?

コンポートを作ると出来ちゃう、大人のクールデザート「グラニテ」

Category手作りパン&お菓子&道具の話
「グラニテ(フランス語で粒々のある、の意)」というのは、シャーベットとかき氷の中間のような食感の氷菓子である。シャーベットより糖度が低めで、アルコールが入っているのが特徴で、レストランなどでは、口直しのデザートとして、小さなグラス等に入れて出されることが多い。まさに、大人のデザート!しかもなんだかお洒落な気がする。(笑)

実はこのグラニテを作るのは超簡単。フルーツ&お酒&レモン果汁&砂糖を温めて混ぜたものを凍らして、固まりかけたらフォークで削って混ぜ、また凍らせる。(これは、一度でも繰り返してもどちらでもオッケー)あとは盛りつけるだけ。簡単でしょ?
お酒とレモンジュース&お砂糖で作れば、もっと大人味になるけど、最近流行のフルーツのコンポートの漬け液でも出来ちゃうので、今回はそれでチャンレジしてみたv
フツウのグラニテよりちょい甘めだけど・・・。(フツウはちょっとだけ甘め、くらいの味付けがよい。)

■白いグラニュー糖を使用していないので桃色にならず。
ももグラニテ

■桃のコンポート
◆材料
・桃・・・・・・440グラム
・水・・・・・・600cc
・白ワイン・・・200cc
・砂糖・・・・・180グラム
(今回は粗悪品の桃を利用したので、お砂糖多め。甘い桃ならもっと減らして!)
・レモン汁・・・20cc

農薬の気になるももは湯むきして皮を取る。平気ならそのまま。痛んだ桃のイイトコ取りならカットしたものを、用意。

◆作り方
1.お鍋(琺瑯がいいらしいがうちにはないのでフツウのアルミ鍋)に、水と砂糖を入れ沸騰させる。
2.ワインとレモン汁、桃を入れ、落としぶた(キッチンペーパー)をして、15~20分煮る。
3.蓋のできる瓶やタッパーウェアに入れ、冷蔵庫で保存。(皮付きの場合は剥いてから)

■桃と白ワインのグラニテ
◆作り方
1.冷やしておいたコンポートの付け汁を口の広いタッパーウェアに入れて、冷凍。
2.少し時間がかかるが、固まってきたら、取り出して、フォークで引っ掻きながら削り、混ぜる。
3.冷凍庫で冷やす。

3と4を繰り返すかどうかはお好みで。

そのまま器に盛り食べてもいいし、コンポートに添えてだしてもいい。溶けやすいので冷凍庫から出したあとは、盛りつけを急いで!

★コンポートせずに、グラニテだけを作る場合はこちらを参考にしてくださいね。
●「浜なしのグラニテの作り方とレシピ」<http://www.la-fontaine.co.jp/tukuro_nashigura.htmlwo>
●フルーツトマトやリンゴでも作れちゃう「トマトのグラニテ・2種」<http://www.haba.co.jp/health/recipe/recipe_077.html>
●梅酒のグラニテのレシピはこちら「お料理基本の基本」<http://www.felicimme.net/recipe/cook/021.html>

ブログランキングに参加中!
ポチッと一票お願いしま~す。




10 Comments

まゆ  

その昔、グラニテ・ソルベ・シャーベット・アイス・パルフェの定義を調べたことがありましたっけ(^^;
凝り性なので、ものすごい本を読み漁って定義を調べました。
正確にやりたくて、糖度計まで買ったバカモノです。

今はおいしけりゃいいのよねーって感じですが、桃と白ワインの組み合わせは絶妙だと思います。

北海道に引っ越す予定はありませんかぁ~?

2006/08/09 (Wed) 18:52 | EDIT | REPLY |   

しのにぃ  

>まゆ様
グラニテ・ソルベ・シャーベット・アイス・パルフェの定義ですか。凄いですね、具体的な違いはどうなんでしょう?微妙に糖度が違ったり、入っているものや、凍らす工程が違ったり?
凝り性のまゆ様、糖度計まで購入しちゃうなんて、調べモノ好きの学者肌ですね。
私の場合、腰が重いので、気になっていたことをホントに調べだしたのは、ネットの時代になってからです。家で調べられますからね。(^^;
実のところ、「グラニテ・ソルベ・シャーベット・アイス・パルフェ」は、出しているお店でも、よほどキチンとしてないと、いい加減なのでは?と思っています。なんでも、シャーベットとアイスに分けてる気が・・・。(爆)まあ、私の行く店が、「高級店」じゃない、庶民のお店だからかもしれませんが。メニュー表示がわかりにくいと面倒ですもんね。(^^;

北海道に引っ越す予定・・・あったらいいですねぇ。憧れの北海道暮らし♪

2006/08/10 (Thu) 11:26 | EDIT | REPLY |   

あきら  

なるへそ・・・。削り混ぜるを繰り返すから、こんなきれいな
氷が出来るのですね。
例え悪いのですが、割れた車のフロントガラスのように
尖ってない氷に見えるのはわたしだけ!?
うちは桃なんて誰も送ってくれないから(笑)
桃の缶詰利用しましょうかね?(爆)
レシピがけっこうな量なので、我が家は助かりますw

2006/08/10 (Thu) 11:42 | REPLY |   

まゆ  

たしか、グラニテは原始的なシャーベット(もしくはソルベ/これは国による言い方の違いだったように思います)みたいなものじゃなかったかと記憶しています。
その昔のフランス料理のコースの合間に出した糖度が少なめでざらざらした食感のものだったような・・・。それで糖度計が必要だと思ったんですね(--;
今となってはそんなものいらんっ!って扱いをされていますが(^^;

アイスは昔のドン冷えみたいな作り方で、このレシピと作り方は似てますね。もちろんクリームが入るわけですが。
パルフェは生クリームをホイップしたものを材料に混ぜて凍らすという点で、家庭で手軽に出来る作り方。

国によって食品の「種別」にあたる基準がいろいろ違うので確かなことは判りませんが、日本の場合「生クリーム」の乳脂肪の基準が低いので日本のアイスやパルフェはヨーロッパ系よりもさっぱりしているんじゃないかと思います。
私はハーゲンダッツとかAYAが好きです♪

ちなみに上記うんちくは過去に調べた時点で出てきた情報のうろおぼえなので、聞き流しておいたほうが無難です。

2006/08/10 (Thu) 13:03 | EDIT | REPLY |   

しのにぃ  

>あきらしゃん。
私は茶色いお砂糖使ってるので、泥みたいなグラニテになっちゃいましたが、ほんとは「割れたフロント硝子(爆)」みたいに綺麗なカケラになるはずです。(o^ー')b
桃は皮付きのまま、コンポートするとお汁も桃色になるもよう。
缶詰利用なら、お酒を効かせて、缶詰の臭いを取るといい感じに仕上がりそうですね。是非やってみてくださ~い。\(≧∇≦)/ あ、レモン汁を忘れずに。

2006/08/10 (Thu) 13:17 | EDIT | REPLY |   

しのにぃ  

>まゆ様
なるほど~~~。お勉強になりました。\(≧∇≦)/
聞き流し・・・・アタマ悪いので大丈夫です。
記憶できませんから。ひとまず、今この瞬間だけは知識が増え賢くなったような。(^3^)/

ちなみに私も、ハーゲンダッツ好きです。バニラが美味♪

2006/08/10 (Thu) 13:24 | EDIT | REPLY |   

悠風  

今頃コッソリ。
コンポート作る際に、グレナデンシロップを適量入れると
それは綺麗なピンク色に染まりますv
だけど、スライスしてみると中は白いので、小さいかけらから並べると
薔薇の花のように見せかける事も♪

昔デニッシュのトッピングでやってましたとも(笑)
懐かしい…

2006/08/15 (Tue) 23:11 | EDIT | REPLY |   

しのにぃ  

>悠風殿
ぐれ名電子六腑?(変換するとこんな・・笑)
そのような便利なものがあるとは!プロが使うものには、便利なものがいっぱいあるのね~。(@_@;)

2006/08/16 (Wed) 15:05 | EDIT | REPLY |   

悠風  

グレナデンはカクテルでよく使うみたいー。
甘いのでお砂糖とかは控えめがいいかもかも。
検索したらいっぱい出てくるよー。


ざくろのシロップだと知らなかったのはナイショ(爆

2006/08/16 (Wed) 23:09 | EDIT | REPLY |   

しのにぃ  

>悠風殿
カクテルに使うものなの?なんだかお洒落っぽい~。\(≧∇≦)/
ざくろのシロップってのもいいねぇ。ミニボトルであったら買ってみたいです。情報有難うね!(^3^)/
検索してみなくっちゃ~~~♪

2006/08/17 (Thu) 00:10 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  合鴨ソテー 簡単バルサミコソース
  • JUGEMテーマ:グルメフランス料理の定番メニューとしてこの合鴨のローストがあります。このローストの調理法はご家庭では多少難しいかも分かりませんので、簡単にソテーしてしあげていきましょう。合鴨レシピは食べやすくて女性にも人気なヘルシーメニューでもあるので、
  • 2009.11.09 (Mon) 08:06 | フランス料理知識集(フランス家庭料理とは?