flower border

書庫童-syokowarawa-

本メインの筈が、パンとお菓子のブログと化しております。書庫に住み着く座敷童「書庫童(ショコワラワ)」が甘党なのかしら?

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

革クリームで簡単補修

Category手作りアクセ&雑貨&布製品
母のCOACHのお財布。
お気に入りの色のものはボロボロ、蓋も外れる。(´・_・`)
現在は父が使用していなかった色違い未使用を使っているが、お気にりカラーも捨てられず…。(*´∇`*)ハハハ

新品は色違いがあるし、高齢なのでもう新たに買うのは嫌だとか。
え?プレゼント?最近の傾向どおり、我が家も子供世帯の方が断然貧乏なので、無理無理。(つД`)ノ

(高額無駄使い大王の父が無駄使いをやめ、買ってあげれば良いのにね。囲碁盤1つで何十個買えることか…)

そんな訳で、ホック修理だけ安くできるのならばボロくても使いたいと言う母の為、見積もり&修理出し代行任務を請け負うことに。

金属が磨り減り緩くなっホック部分は修理屋で取り替え、3000円(裏が見えてもいいタイプだと600円らしい)。
カラー補修は7000円とのことで、あちこち擦り切れて破れてる箇所もあるボロ財布に。そこまでお金をかける意味がなく却下。

でも、ホックが直ってくると、本体のボロさが気になる。
とっても気になる!ヾ(´▽`;)ゝ

うむむ!サービスだ!
扱いやすいと評判の補修クリームを取り寄せて、ちょっとだけなんとかするぜ〜!




補修前

P1280004.jpg
P1280005.jpg
P1280006.jpg
P1280008.jpg

補修後
P1280029.jpg
P1280030.jpg
P1280028.jpg
P1280027.jpg

他のカラーの補修クリームと混ぜて色をきちんと合わせれば、もうすこし綺麗に補修できるとは思うが、今回は混ぜたい色である「黒」のクリームがないのでここまで!(^∇^)ノ

次は、追加でそのカラーと仕上げの艶出しクリームを買った際に、リベンジ予定。(*・`ω´・)ゞ






- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。