flower border

書庫童-syokowarawa-

本メインの筈が、パンとお菓子のブログと化しております。書庫に住み着く座敷童「書庫童(ショコワラワ)」が甘党なのかしら?

2017年のベランダーガーデン

Categoryおうちグルメ・便利知識メモ
去年は3房...それぞれに疎らな実が数粒程度なものしか収穫できなかったベランダガーデンのブドウ。๐·°(৹˃̵﹏˂̵৹)°·๐

数年前のマンションの外壁塗り替え工事期間中、「新芽が出る前〜葉の成長期なのに数ヶ月マンションの中庭に移動&放置」させたことで、すっかり弱くなった我が家のブドウの木。

苗木を買って以来1房を1回しか収穫できなかったピオーネはダメになり、残りは巨峰3鉢。

それも1つは確実に蟻にやられている。←巣にされた。

蟻との戦いは終わらないが、今年は房の数は15房!٩( 'ω' )و 

(実の保護袋は20以上つけたが、ダメになってしまったものも多い)

...しか〜〜〜し、今回もほんの数粒という疎らな実付きレベルのスッカスカな房がほとんど。

で。

ぎっちり綺麗になったものは皆無、マシなのもの1〜2房。

それでもまあ、塵も積もれば山となる!?

結果的には、これぐらいにはなった!!
P8070176.jpg


美味しいものも、味の薄いものもあり。
でも、とりあえず去年よりはマシ!

来年こそタワワに実りますように!






そういえば。

少し前の散歩中に、緑色の綺麗な房をタワワに実らせた1本のブドウの木をみかけた。

一戸建ての直植えで、低く木をキープさせたまま綺麗に実がなっていた。

私がブドウの木を欲しいと思うきっかけになった友人宅のブドウも、一戸建ての門扉の前に置いた横長の鉢植え1つに、たくさん実らせていたが、あれも緑色だった...あの品種はなんであろう... ←友人は転勤などがありその家を離れていた期間も長かったので、もう忘れています

マスカットとかはではないみたいだが、実付きが良いように思う...

まあ、我が家は木を増やすより、減らして1本を立派に育てたほうがよいのだけれど...やっぱり...ちょっと気になる。(笑)

0 Comments

Post a comment