flower border

書庫童-syokowarawa-

本メインの筈が、パンとお菓子のブログと化しております。書庫に住み着く座敷童「書庫童(ショコワラワ)」が甘党なのかしら?

同時に作っちゃえ!な「おからバーグ&ストック用ミートソース」

Categoryおうちグルメ・便利知識メモ
フレッシュトマトの鮮度が落ちてきたので、急いで作る必要があった「ミートソース」と、お菓子作りのあまりを処理したいが為に作る「おからバーグ」。共通の材料は微塵切りタマネギ・・・ということで、まとめて作っちゃえ。
基本的に下準備とかはしないので、同時進行すると、かなり時間に追われちゃうことになるんだけど、そこはあれ、いい加減さと、お助けアイテムで乗り切り、なんとか任務遂行!

■お肉の味は乏しいがサッパリしたおからバーグには、濃いめのソースがあう。
おからバーグ

ソースは、煮込み途中のトマトソースを必要分取って、好みの味になるまで、ウスターソースを足したもの。私は半分とまでいかないが、全体量の1/3以上ウスターソースを入れた。
添えたのはハンバーグと一緒に焼いた唐辛子の一種。(辛くない)他のおかずは、何故か焼き茄子。これも同時進行。途中放ったらかしたり。(^^;
■秘密兵器のフードプロセッサーと手動微塵切りマシーン。(笑)
お役立ちアイテム

タマネギの微塵切りは微塵切りマシーンにぶつ切りにしたタマネギを入れ、ハンドルをくるくる回せば、あっという間。沢山投入すると力がいるけど。
微塵切りタマネギは、1個分をフライパンでおからバーグ用に炒め、残りはトマトソース用に大鍋で炒める。
挽肉(鶏でも豚でもお好みで)がないときには、フードプロセッサーでガー!これでオッケー。ついでに卵と、おから、片栗粉、にんにく、しょうが、少量の出汁醤油も投入し、混ぜちゃう。入りきれないパン粉と炒めタマネギはボウルにとってから混ぜる。塩、胡椒もこのときに。あとは丸めて、焼くだけ。
トマトソースの方は、タマネギが炒め終わったら、豚挽肉を投入し炒め、火が通れば、大さじ1~2杯の強力粉を入れ混ぜる。そして、ワインやコンソメ類、タマネギのあと微塵切りにしたトマトをいれ煮込む。焦げやすいので注意!!
フレッシュトマトの色身が薄い場合は水っぽくなるので、缶詰のトマトもいれたほうが美味しい。(味の濃い完熟トマトならそれだけでいい)水分が飛んで、最初の量の半分になったら、好みの味になるまで、塩、胡椒、ウスターソースを足して、味を馴染ませたら出来上がり。トマトの味が薄いときには、ウスターを多めに。これを冷ましてから、小分けにして冷凍する。食べるときには、好みで、タバスコやレットチリペッパーを入れれば、アラビアータソースにもなるし、オムライスを作るときにも便利。
ミートソース


ブログランキングに参加中!
ポチッと一票お願いしま~す。





1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006/08/02 (Wed) 23:21 | REPLY |   

Post a comment