書庫童-syokowarawa-

本メインの筈が、パンとお菓子のブログと化しております。書庫に住み着く座敷童「書庫童(ショコワラワ)」が甘党なのかしら?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リ・ファリーヌ・グランクリュで「米粉のシフォン」

そういえば、初めて作ったかも?な米粉のシフォンケーキ。
油なしで作ったが、意外にしっとり。

■抹茶(手前)とイチゴ(奥)の2種
米粉シフォン

☆ポイント
抹茶はお湯、苺は何んちゃって系の苺パウダーとフリーズドライ苺を温めた牛乳で溶いていれた。
白身は冷凍庫に5~10分入れて軽く凍らせてから使用。

17センチの型を使用する際には、180℃10分、170℃20分で焼く事にしている。(2個並べて焼く場合)

ブログランキングに参加中!
ポチッと一票お願いしま~す。

Comment

りぼんねこ says... ""
<米粉のシフォンケーキなんてあるんですね。
初めて知りました。
レシピはしのにぃさんのオリジナルなのでしょうか?
小麦粉を使うよりモッチリ。。。
あぁ、駄目だわ。又、妄想の世界に~w
もう少し、詳しく、味の違いを教えてくだされ。
レシピは聞いても、たぶん作らないから
想像して楽しみたいと思いますヽ(^。^)ノ
2010.05.30 13:36 | URL | #- [edit]
しのにぃ says... ">りぼんねこ様"
食感はどちらも「しっとり」です。
油なしでも米粉だと油入りと同じくらいのしっとり感が出ててビックリでした。
くちどけは、水分+油分という液体分が多い、小麦バージョンのほうがいいです。
そして、食べたあと、妙に腹持ちがいいのは、米粉バージョン。(笑)
お米の味と小麦の味・・・どちらのシフォンもそのメイン素材の風味が楽しめました。
レシピは今回はクオカ(製菓パン材料)の米粉シフォンのレシピで作りました。(苺バージョンは水分を牛乳にかえ、苺パウダー等は適当に投入してます)

細かい味の違いは、オレンジと抹茶、苺という別素材でつくったのでよくわかりませんでした。めずらしく、自分でも食べてみたのですが。( ̄ー ̄;
ヒヤヒヤに冷やして食べると甘さが控えめに感じられて良いですw(爆)

想像できました?(笑)
2010.05.30 14:35 | URL | #NkOZRVVI [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hokusetsu.blog18.fc2.com/tb.php/1085-af8a3ade
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。