書庫童-syokowarawa-

本メインの筈が、パンとお菓子のブログと化しております。書庫に住み着く座敷童「書庫童(ショコワラワ)」が甘党なのかしら?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度はお芋で「サツマイモのフラン」♪

カボチャに続く秋のお菓子は、「サツマイモのフラン」。フランというのは、タルト生地にカスタードクリームを入れて焼いたパイなんだが、今回のレシピはパイなし。(大昔のオレンジページ臨時増刊号「お菓子の本vol.3」のオリジナルレシピかも。)

材料はサツマイモ600~700グラム、レモン1個、塩少々に、卵黄2個と牛乳300cc等で作るカスタードソースのみ。(カスタードソースのレシピはお手元のものを利用してね)
作り方は簡単♪蒸したサツマイモとレモンを重ねた上に、カスタードソースをのっけて焼くだけ!カスタードのグラタンって感じ?

■サツマイモのフラン
さつまいものフラン1

熱々を取り分けて食べてみると、サツマイモとカスタードの甘さの中に、レモンの酸味が利いている。パンプキンゼリーと同様に、家庭的な味と言えるかも。お腹にたまるガッツリ系デザートなので、夜ではなく、お昼間にどうぞ。(o^ー')b
スパイスのような役割をしたレモンの輪切りは、かなり酸っぱいので、食べても食べなくても・・・。(再利用は・・・刻んでヨーグルトに入れるとか?)

スポンサーサイト

カボチャの皮メインだけど、プリンみたいな「パンプキンゼリー」

お菓子に使えるようにと、美味しいカボチャからとっておいた、キレイな色のペースト。その残りともいえる、カボチャの皮とその周辺は、あとでサラダにでもすればいいやと、ビニール袋に入れ冷凍庫に放り込んでいた。本日はそれを使って、カボチャのゼリーを作っちゃうことに。ハロウィン前だし、一応名前は「パンプキンゼリー」。カボチャのゼリーって呼ぶと、美味しそうに聞こえないんだもん。(笑)

■「パンプキンゼリー」
カボチャゼリー2

写真ではわかりづらいが、皮の緑色が混ざって、ちょっと緑がかったオレンジに見える。バニラビーンズみたいに見えるクロっぽい粒もカボチャの皮。(笑)

すっかり定番「ゆず蜂蜜マドレーヌ」の箱詰めはこんな。

着々と進んでいる巨大瓶入り「ゆず蜂蜜」の消費。半分近くまで減ったかも♪その分増えたのは「ゆず蜂蜜マドレーヌ」を焼いた回数だが、また今日もそれを更新。またしても、ギフト用だが。自宅分1に対しギフト分9の割合な「ゆず蜂蜜マドレーヌ」は、すっかり贈り物の定番に。

■箱の内側に、高さを変えるための厚紙を入れれば、薄い箱でも使えちゃう!
マド・パッケージ1

■よく使うなら包装紙は束買いを。
マド・パッケージ2

最近は100均でもいろいろ買えるし、何種類か揃えておくと便利♪
リボンは結構高いので、使いやすいものを厳選。ロールで売っているものは高いが、細目なら少し買いやすい。


自宅消費は甘さと手間を控えた「マロンケーキ」

何度か加熱し直して保存していたメープルシロップ煮の栗を消費するために、適当配合でケーキを焼いた。バター&薄力粉各100グラムに、卵3個、砂糖25グラムに、メープルシュガー30グラム、水&牛乳少々に、ベーキングパウダー少々、以前に買った栗ジャムも20グラムほど投入。ふんわり焼きたい気もしたが面倒なので、マドレーヌのように簡単に混ぜて焼いちゃう。

水分多めで、生地が詰まり気味なケーキは、素朴としかいいようがない。メープルシロップ煮の栗とジャムの入った部分は甘いが、生地自体は甘さ控えまくり。てなことで、食事がわりに、ムシャムシャ消費。フルーツが入ってないからか、家人からの文句もなく、二日がかりではあるが無事完食。

■マロンケーキ
栗ケーキ

箕面でお茶&パン屋の梯子♪「ダンケ」「ロゼ・ブル」「パパシュ」

近い割に素通りが多い箕面エリア。箕面で評判のお店を巡るには車が必須。友人とお散歩を楽しむには少々不便な土地だが、休日に車でドライブするには最適。駐車場付きのお店が多いからね。(b^-゜)

てなことで、気になっていた喫茶店へGO!

■バターブレンドコーヒーがウマウマな「ダンケ」
ダンケ2

ダンケ1


■バターブレンドコーヒー「ダンケ」箕面
住  所:箕面市外院3-1-19
電  話:072-728-2881
定 休 日:無休 P12台

パン屋さんも梯子しちゃうぞ!

■独自製法でもちもちパン!「ベイクハウス パパシュ」
パナシュ2


あったかご飯に混ぜるだけ♪イチビキの「牛カルビ ビビンバ」

実はビビンバ好きな私だが、外で食べる機会は案外少ない。だって、おうちでも簡単にできちゃうんだもの、混ぜるだけのコレ↓があれば。(^3^)/

■イチビキの「牛カルビ ビビンバ」2人前
ビビンバ2

レンジでチンとかのものより、美味しいし、値段もお得!(定価315円)
イチビキ直送品 大つやネット通販というサイトでも購入可能。

■中華鍋で石焼きビビンバ
ビビンバ1

あきら's Kitchenさんのレシピで作る「バナナムース」

本日のチャレンジは「あきら's Kitchen」のあきらさんのレシピで作る「バナナムース」。熟れすぎバナナ、賞味期限が2日程過ぎた生クリーム、買ったばかりなのに10月末が賞味期限なココアパウダー・・・・これを使うぞ、今日こそは!きっかけはともかく、作りたかったデザートであったことは確かなので、出来上がりを楽しみに、レッツ、クッキング!
お手軽で美味しいというバナナムースは、あきらさんのレシピ、ほぼそのままだが、上に生クリームをココアで味付けしたムースをのっけて、余った材料を消費してみた♪

■ココア&バナナのムース
バナナムース2

バナナムース1

秋の味覚を瓶詰めしちゃおう!「栗のメープルシロップ煮&渋皮煮」

友人の送ってくれた、甘くて美味しい栗をほとんど食べ終えた頃、たまたま用事で訪れていた実家に届いた大量の栗。(大阪産)2日続いた雨に濡れたその栗は、すぐに処理したほうが良さそうだったが、「めんどくさい」が口癖になっている母にその気はゼロ。仕方なく・・・・(以下省略)・・・・・・・・・・・・・・・少々疲れた。(´・ω・`)_
自宅にも持ち帰り、寝る前に保存のための準備開始。3日掛かる渋皮煮と、それに適さない栗のメープルシロップ煮にチャレンジしてみようかな・・と。( ̄ー ̄)
友人のとこの大きくて甘い栗と違って、小振りで淡泊な栗は、シンプルに食べると満足感が薄い。が、雨の中、一日がかりで拾い集め、知人の家を配りまわっていたオジサン(私の知人ではない)の苦労を無にしてはいけない。途中、くじけそうになりながらも皮を剥いて剥いて剥きまくる。(@_@;)
その間に少しだけ残っていた、大きくて甘い栗は焼いて食べたり、ご飯にいれたり・・としっかり堪能♪(o^ー')b 
御馳走様でした!m(_ _)m

■渋皮煮
渋皮煮

渋皮に傷がついていては駄目、虫食いも駄目ということで、最後の味付け時に残ったのは20粒だった渋皮煮。来年チャレンジするなら、ハサミタイプの栗剥き器を買ったほうがいいかも。

■メープルシロップ煮
栗のメープルシロップ煮

栗300グラムくらい、水300cc、メープルシロップ150cc、ブランデー少々

おでんには紀文の「魚河岸あげ」をいれなくちゃ!!

私のお気に入り、紀文の魚河岸あげ。お豆腐と白身魚がはいった魚河岸あげは、そのままでもフワフワやらかいが味は薄め。これを、おでんの具として煮込むと、皮部分にお出汁がしみて美味しい上に、フワフワ度もアップ。最近は大手スーパーでしか販売していないのが残念なところ。てなことで、見つけた日は自動的におでんの日になっちゃう・・かもね。=^ェ^=

■「魚河岸あげ」
魚河岸あげ

■私の好きなおでんの具
おでん


ブログランキングに参加中!
ポチッと一票お願いしま~す。

焼き菓子三昧「カボチャと蜂蜜のマドレーヌ&りんごのカントリーケーキ」

土曜、日曜と続けて焼いた「カボチャと蜂蜜のマドレーヌ&りんごのカントリーケーキ」。家にある、焼き菓子の材料が新鮮なうちにと、お土産やらお礼の品やらをまとめ焼きだ。りんごのカントリーケーキは、りんごを入れすぎて崩れちゃったものもあり。人様に差し上げる品なのに、なんてこと!バターやらアーモンドパウダーやらが途中で切れ買い足したが、それもまた切れた!てなことで、今はもうなにも焼けない~~!いろいろ予定があるので、近々クオカに注文しなくちゃ!しばらくスーパー等で補充していたけど、こんなことなら、さっさと注文しておけばヨカッタわ!(;´Д`)ノ  

■りんごのカントリーケーキ
りんごのカントリ

崩れちゃった!りんご大1個、小2個は入れすぎなのね。
りんごケーキアレンジ

奥のアーモンドがかかったモノには、ラムレーズンも追加。
■カボチャと蜂蜜のマドレーヌは問題なし
カボチャマド10/8

艶々ピカピカな新米で、至福の「卵かけごはん」♪

先日、美味しい栗を送ってくれた友人が、今度はお米を送ってくれた♪
友人宅の手作り米は、毎年御馳走になっているのだが、そのお米の美味しさに慣れることはない。毎年、毎年、その美味しさに「幸せ~~~!」「ウマウマ~~~!」と感動の雄叫びをあげちゃう。だって、美味しいんだもん!( ̄^ ̄)v
我が家は、このお米を食べ終えるまで、ずぅっ~と「新米祭り」中。普段はあまり食べないお米を、おかわりしてまで食べるのだ♪この美味しさを逃すものか!という気合いとともに、幸せイッパイ、ウマウマ新米を食べ尽くす、体重のことは食べ終えるまで考えない。考えちゃ駄目。秋の味覚は秋に満喫しなくちゃ!(o^ー')b

■艶々ご飯に卵をポン!
06新米


ブログランキングに参加中!
ポチッと一票お願いしま~す。


これまた美味しい♪「カボチャと蜂蜜のマドレーヌ」

最近のヒット作「ゆず蜂蜜のマドレーヌ」のレシピを基本にした、新作マドレーヌ「カボチャと蜂蜜のマドレーヌ」。数日間しっとりをキープするためには蜂蜜は外せないが、カボチャに柚子の風味は邪魔ということで、今回は柚子入りではなく、プレーンなものを使用。小麦粉100グラムに対してカボチャペースト80グラムという無茶な配合なので、しっとり度強化のために蜂蜜割合を増やした。

■「カボチャと蜂蜜のマドレーヌ」
かぼちゃと蜂蜜マドレーヌ

カボチャの色がキレイに出た、オレンジ色のマドレーヌに♪\(≧∇≦)/
とっても美味しいが、カボチャより蜂蜜の風味が勝っているので、カボチャの素朴な味が出したい人は、蜂蜜を減らして、その分ブラウンシュガーを増やした方がいい。その場合は、あまり長く置かずに早めに食べること。

閉店前は3割引♪「宝塚ホテルのモンブラン」

ホテルだけでなく、阪急系列の百貨店やスーパーでも買える宝塚ホテルのパンや洋菓子。私がよく行く系列スーパーでも生菓子が買える。そして、そこでは、ホテルや百貨店にはない割引サービスがある。閉店の2時間ほど前に3割引が始まるのだ。商品は残り少ないが、来客用でも、お土産用でもない夜のケーキ購入。好みのケーキが残っているときだけ、立ち寄ればいいのだし、なければスルーするのみ。スーパーで買い物を終えたあと、ショウウィンドウをチラッと見るという、買い物ついでの小さなお楽しみは、毎回買えないほうが楽しい。たまに買えるから嬉しいのだしね。身体にもお財布にも優しい、数ヶ月に一度のお得なモンブランは。

■「宝塚ホテルのモンブラン」
宝塚ホテルモンブラン2

宝塚ホテルモンブラン1

以前他のケーキも買ってみたが、あまり気に入らなかった。でもモンブランだけはお気に入り♪1/3くらいまでは、ご機嫌にパクパク。私には甘いので、途中で放棄したけど、甘党家族が無事完食。(笑)最近食べていないけど、昔はここのシフォンケーキが好きだった。世の中に美味しいケーキが氾濫している今、食べて美味しいと感じるかどうかは不明だが、機会あれば、もう一度食べてみたい。

ブログランキングに参加中!
ポチッと一票お願いしま~す。

またまた新発売のチーズを発見♪「4種のブレンドスライスチーズ」

チーズは大好きだが、グラム幾らで売っているようなチーズは保存に気を遣う。なのでその手の高級チーズ類は、特に目的がある場合のみ購入するようにしている。代わりにというわけでもないが、保存に便利なスライスチーズ類は冷蔵庫内に常備していたりする。2~3メーカーのスライスチーズ&とろけるスライスチーズを。

先日報告した雪印の「スライスになったクリームチーズ」に続き、今日また新しいチーズを発見した。QBBの「大きいスライスチーズ」シリーズの新商品のようだ。
■「4種のブレンド クアトロフォルマッジ」
4種のスライスチーズ

モッツァレラ、ゴルゴンゾーラ、ゴーダ、チェダーの4種をブレンドしたスライスチーズは、高級チーズがなくても、お料理やサンドウィッチを豪華にしてくれそう。\(≧∇≦)/
ちなみにこのシリーズのノーマルタイプのスライスチーズ&とろけるスライスチーズも冷蔵庫に保存中。d(^-^)!

ブログランキングに参加中!
ポチッと一票お願いしま~す。

カウプレキャンペーンが無事終わりました!

告知しておりました、「目指せ1万ヒット、踏んだら何かプレゼントしちゃうぞキャンペーン」は、昨日、10月5日に無事終了いたしました。

1万カウントを見事に、踏んだ、キャンペーン勝者あきらさんには、書庫童より、心ばかりの品を贈らせていただきます。(b^-゜)
あきらさん、おめでとうございます。\(≧∇≦)/

あきらさんを含む、参加してくださったすべての皆様に、大感謝です!
有難うございました。
そして、これからも、よろしくお願いいたします。m(_ _)m

ゴルゴンゾーラスナックのレシピで焼く「チーズのスナックパン」

先日図書館で借りた「Cheese & bread―素晴らしいチーズとパンの世界」は、世界のチーズと、日本の有名ベーカリー&料理家が考案した、チーズを使ったパンを紹介した本である。パンのレシピも掲載されている。思った以上に本の値段が高く、冒険的なレシピが多いので、私的には、手元に常備しておきたい本ではないが、チーズに愛を愛注いでいるような方は、どーぞ、買ってください。(笑)

その本の返却日に、簡単そうなパンのレシピをひとつだけメモった。それが、「ゴルゴンゾーラスナック」である。が、行ったスーパーでゴルゴンゾーラチーズが品切れだったため、家にある、明治の十勝とろけるスライスチーズ濃い味2枚と、チェダーのスライスチーズ1枚、パルメザンチーズ10グラムで代用。(元レシピよりチーズが10グラム多め)
ほとんど発酵させないパンみたいだが、一次発酵は普通に終了。メモがいい加減なので、作り方もいい加減。ヽ(´∀`)ノ

■「チーズのスナックパン」
チーズスナック

もとレシピ通りだと、パリッとしたスナックパンになるのかもしれないが、私の焼いたものは少し堅いフォカッチャ。チーズの風味や味が薄いので・・・勝手にアレンジ。
■チーズ山盛り「チーズのスナックピザパン」
チーズスナック2

一度焼き上がった「チーズのスナックパン」の上に、スライスチーズ3種をのっけて、210度で10分。サクッとしたミニピザ風のスナックパンに♪


栗満喫第二弾は「サツマイモと栗と紅鮭のペペロンチーノ バジル風味」

美味しい栗を使ったお料理第二弾は、パスタ♪
ハーブ&塩胡椒をふりかけ片栗粉をつけて揚げた紅鮭と、素揚げしたサツマイモ&栗を用意。それらを堅めに茹でたパスタとあえ、唐辛子とガーリック、バジルで味付けした。

■「サツマイモと栗と鮭のペペロンチーノ バジル風味」
栗パスタ

唐辛子を入れすぎたが、美味しかった♪

ブログランキングに参加中!
ポチッと一票お願いしま~す。


美味しい山食と、発酵で躓く「フランスパン」まだまだ暗黒編

以前にアップした記事、“とうとうヤッちゃいました。「初めてのフランスパン作り」暗黒編(爆)”から、1週間。図書館で借りていた「輝けフランスパン」の返却日が迫ってきたので、慌ててチャンレジした掲載レシピ。暗黒世界からの脱出は、まだ無理かもしれないが、一筋の光りくらいは拝みたい。

が、現実は厳しい。予定していた1次発酵2時間が終了。そこからすでになにかがおかしい。いや、捏ねの段階からおかしいか。幾ら捏ねても、障子紙のような薄さに生地を伸ばせなかったのだから。
そして。私の第2回目のフランスパン挑戦は、予定の倍の時間が過ぎた頃に終わった。発酵不足で、外皮が固すぎる、岩石パンを目の前に残して。
救いは、中の生地が美味しかったことぐらいだろうか。ま、一筋の光りにも成り得ない救いだけれども。ベーコンエピなんて、中の生地さえ硬かったし。( ̄□ ̄;)!!

■これが一番まともに見える。でも、岩石なタバチェ。ヽ(´∀`)ノ
フランスパン


予想外の美味しさ!馬鹿にしてゴメン!な「リンゴのカントリーケーキ」

作りたいけど、食べたくないものに、アップルパイやタルトタタンがある。生のリンゴは好きだが、加熱して軟らかくなったリンゴは苦手なのだ。甘くなりすぎるところも。焼きリンゴも好きではないし、表面が甘すぎるりんごアメもNG。りんごは、サクサク、シャリシャリが一番なのだ!
そんな私の前に登場した、新たなる、りんご菓子レシピがある。「たかこ@caramel milk teaさんの“何度も試作してようやくたどりついた”ほんとうに作りやすい焼き菓子レシピ」の「りんごのカントリーケーキ」だ。
レシピ紹介の文面に、周囲の人間からのリクエストも毎年・・とあるからには、癖のあるものでないだろう。シナモンも入っていない。でも・・・リンゴのケーキには違いない。大丈夫か、私。
でも、作っちゃう。冷蔵庫にりんごが眠っているし、アーモンドパウダーがたっぷりな生地には興味がある。なにより・・・焼いた翌日は、「なんでも喜んで食べてくれる」人々に会う予定あり!完璧に消費できる日を逃してはいけない。どうせ、なにか焼くつもりだったんだしね。

■食べてビックリなウマウマ「りんごのカントリーケーキ」
リンゴケーキ1

出来上がったケーキは、しっかり冷めてから、16分割。訪問先で会う筈の人数が当初の予定より減ったが、少し余分に持参。

秋の味覚を満喫。新鮮な栗がたっぷり入った「栗おこわ」♪

友人が、とれたての栗をたっぷり送ってくれた。\(≧∇≦)/
ぽってり丸い栗の美味しそうなこと!
何を作ろうか悩んだが、やっぱり1番は、栗ご飯!が、家にあるのが玄米ばかりだったので、栗おこわに変更。太りそうだが、秋の味覚を存分に味わうためだ!。翌日のお昼に炊く為に、餅米は前日に洗い、水につけておく。

■激旨な栗おこわ
栗おこわ1

ほんのり甘い栗が美味!栗を送ってくれた、○○ちゃん、有難う!そして、御馳走様!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。