書庫童-syokowarawa-

本メインの筈が、パンとお菓子のブログと化しております。書庫に住み着く座敷童「書庫童(ショコワラワ)」が甘党なのかしら?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんどはちゃんと「ぶどうの白ワインゼリー」♪ゼラチンvsクールアガー

先日作った「柑橘類で作る白ワインと蜂蜜のゼリー」は、とっても、とっても美味しかった。が、元レシピ通りの「ぶどうの白ワインゼリー」はまだ食べていない。ぶどうがなかったから。
でも諦めたわけではない。「ぶどうの白ワインゼリー」を食べる気は満々♪
ということで、スーパーに出掛けた際、甲州とニューピオーネという2種類のぶどうを購入してみた。元レシピでは、マスカットとメロンと巨峰なんだけどね。ヽ(´∀`)ノ

材料が揃ったところで、「ぶどうの白ワインゼリー」作りにチャレンジ。
ついでなので、ゼラチンと、クールアガーの食べ比べも!

■友人にもお裾分け♪
ゼリー&スコーンギフト

スポンサーサイト

絶品バターで食べる「四角いスコーン」♪

美味しいバターを買ったら、スコーンが食べたくなった。フレッシュなバターの味を存分に味えるような、プレーンなスコーンが。てなことで、焼いたのは、藤野真紀子の「シンプルなお菓子」より、四角いスコーン。
上品なお味が、バターの味を引き立てる♪

■四角いスコーン
スコーン


中身がどんなだか不明な「レーズンとフィグのパン」

実家用のパンに、レーズンとドライフィグを入れてみたが、予定が変わり渡せなくなってしまった。フィグ入りパンは、うちでは不評、というか、食べるのを拒否されてしまう代物。友人に電話し、引き取りをお願いすることで、なんとか処理できたが・・・味見もせずに渡したパンの中身が心配だ。
(後日、美味しかった♪レーズン嫌いな長男も食べてた!との感想をもらいました。よかった!)

■「レーズンとフィグのパン」
レーズンとフィグのパン


今回の「レーズンとフィグのパン」のレシピは、以前にアップした「甘すぎないレーズンパンのレシピ♪」の配合とほぼ同じだが、強力粉の銘柄と、レーズンの量が変わり、フィグが追加された。

試行錯誤の「そば粉クッキー」

頼まれモノのそば粉クッキーを焼いたが、ちょうど良いレシピがなくて、困った。
そば粉100パーセントなんて無理だし。その他の材料は、そば粉と共に渡された、ダイエットシュガーと賞味期限が切れたショートニング。( ̄ー ̄)
やる気が・・・・・おきないけど、催促がくる前に焼かなきゃ。

■そば粉クッキー
そば粉クッキー1


◆材料◆
・ショートニング・・100グラム
・塩・・・・・・・・5グラム
・薄力粉・・・・・・50グラム
・卵・・・・・・・・1個
・パルスィート・・・75グラム
・そば粉・・・・・・180グラム

参考にしたレシピは、オートミールとおからのクッキー。そのオートミールとおからの分量をそば粉に置き換え、有塩バターをショートニングにし、その分、塩を少し足してみた。卵もちょい多め。

とうとうヤッちゃいました。「初めてのフランスパン作り」暗黒編(爆)

ハード系パンが好きな人間としては、是非ともチャレンジしたいフランスパン。レシピ本を見るたびに「これ美味しそう!」とか思うのだが、工程が2日間に分かれていたりすると・・・・「またいつかね」になってしまう。大好きなバケットやバタールをお店で買うというのも楽しいことではあるが、家でもパンを焼く以上、一番好きなパンくらいは焼けるようになりたいなと思う。それが、一番難しいフランスパンでなければ。

それでも、手元にあった、フランスパンだけを語った本「輝けフランスパン」や、フランスパン等のハード系レシピ満載ブック「おいしいパンが食べたくて」、そして、ブログでパン焼きの腕を披露している強者の皆様の美味しそうなフランスパンを拝見していたら・・・・チャレンジしてみたくなるんだな。

事情により、バケットやバタールは焼けず、だけど。(爆)

■初めてのフランスパン
フランスパン1

美味しい作りおき「にんにく味噌」♪

野菜に塗ったり、焼きおにぎりに塗ったりと、簡単に利用できて、美味しい「にんにく味噌」。
ニンニクの量が半端じゃないけど、臭くないし、後味もいい。今回は出来上がったものを分けてもらったが、次回は自分で作ろうかな♪
でも、作る時はレシピの半量で・・・。(爆)

■にんにく味噌があれば、キュウリも御馳走♪
にんにく味噌


■にんにく味噌のレシピ
◆材料
・にんにく・・・・・・大5個
・味噌・・・・・・・・500グラム
・砂糖・・・・・・・・200グラム
・卵黄・・・・・・・・2個分
・だし汁・・・・・・・100cc
・胡麻油・・・・・・・100cc
・一味・・・・・・・・少々
◆作り方
1.にんにくは茹でて皮を剥き、微塵切りにする。
2.胡麻油でにんにくをよく炒める。
3.2に、味噌、だし汁、砂糖、一味を入れ、焦げ付かない様に弱火で煮詰める。
4.3が、べっこう色になってきたら、卵黄を入れてよく練り、火を止める。

※にんにくを茹でるのは皮を簡単に剥くため。剥けたものを茹でる必要はなし。

「パンづくり お菓子づくり お料理も・・。byみんりん」のみんりんさんが、にんにく味噌にチャレンジされました。1/4量で作られたそうですが、それぐらいの量がちょうどいいかもしれませんね♪みんりんさんのブログには、みんりんさんお得意の折り込みパンの記事がイッパイです。どのパンもとっても美味しそうなので、お味噌の記事より、そちらに釘付けなワタクシであります。(笑)
お味噌作りの記事は、こちら。

ブログランキングに参加中!
ポチッと一票お願いしま~す。


いただきモノのキラキラ「ブルーベリー羊羹」♪

隣人がお土産でもらい、気に入ったので製造元から取り寄せたという長野県のお土産用和菓子を分けていただいた。封を開け、切ってみると、「宝石のように輝いていてキレイなのよ!」と絶賛されていたとおりの輝き振り。食べてみると、思っていたより甘くない。普通の羊羹は餡を寒天で固めたものだが、粘りのある餡の配合割合が高いせいか、寒天の特徴であるボロッと崩れる感じがするものはほとんどない。が、このブルーベリー羊羹はその特徴通り。なので、食感は、羊羹ではなく、牛乳カン。(笑)
激ウマではないが、砂糖・ブルベリー・水飴・寒天というシンプルな素材だけで作った、ナチュラルな「ブルーベリー羊羹」は、日の光や、電灯にかざしてキラキラ輝く様を見ながら食べると楽しいお菓子である。

■「ブルーベリー羊羹」
ブルーベリー羊羹3

ブルーベリー羊羹1

■(有)萩原製菓
長野県上水内郡信濃町柏原175-6 電話:026-255-3151

ブログランキングに参加中!
ポチッと一票お願いしま~す。

秋の本命「秋刀魚のちらし寿司」の前に、簡単で美味しい「鰻のちらし寿司」♪ 

以前から一度作ってみたかった「秋刀魚(サンマ)のちらし寿司」。コレってば、あまり生魚を食べない&買わない我が家では、珍しいメニュー・・・買わなくても冷凍庫に入る、もらいモノの魚といえば、塩鮭くらいだしね。( ̄ー ̄)
てなことで、只今1尾100円と大安売り中の旬魚「秋刀魚」を買うというチャレンジは、家で焼く勇気が湧くまでひとまず、おあずけ。(来週くらいにがんばる・・・予定)
が、しかし!テレビで見かけた「鰻のちらし寿司」は、観たその日にチャレンジしちゃう素早さ。なんせ、鰻長者の冷凍ストック鰻は残り2匹もありますから!(o^ー')b

■「鰻のちらし寿司」
鰻ちらし

夏の終わりに冷んやりデザート♪「柑橘類で作る白ワインと蜂蜜のゼリー」

先日、あきら's Kitchenさんで拝見してからというもの、食べたくてしょうがなかった、「ぶどうの白ワインゼリー」
ワインは安物でもオッケーということだったが、肝心のぶどうはこのレシピを見る直前に完食済み。うむむ。が、しかし、下流の真っ只中をドンブラコッコと流れる我が家のお財布に余裕はなし。よって有りモノで作っちゃうことに。(^▽^;)
有りモノ・・・グレープフルーツ1個、レモン1個、みかんの缶詰1缶。
で、できたのはこんな。もとレシピの面影は・・・ないかも。( ̄ー ̄)

■「柑橘類で作る白ワインと蜂蜜のゼリー」
柑橘ワインゼリー1

↑これがやりたいが為にゼラチンを多めにしたが、食感は堅すぎず軟らかすぎずで、ナイスな感じに♪
柑橘ワインゼリー2

「目指せ1万ヒット、踏んだら何かプレゼントしちゃうぞキャンペーン」

書庫童にカウンターを取り付けたのは2006年6月17日のこと。それから今日までの丸3ヶ月間に残された足跡(カウント)は、8千と少し。それまでの「書庫童」は、ランキングにも登録しておらず、ブログの記事を更新してもほとんど知られることもなく、来場者も知り合いばかり、しかも更新も怠りがちと、いう開店半休業ブログだったのだが、カウンターを設置し、ランキングに登録したあとは、覗いてくださる方が大幅に増加。(カウンターを置く前の来訪者数は不明。でも、現在の半分以下だったんじゃないかなぁ?)
書庫童の生息する幻の書庫(キッチン付き?)も、本(記事)が増え、少しばかり広くなったような気が。\(≧∇≦)/

それもこれも、訪問してくださる皆様の御陰。

ということで。
感謝をこめて、初キャンペーンを企画!
その名も
「目指せ1万ヒット、踏んだら何かプレゼントしちゃうぞキャンペーン」。

景品を何にするかは未定ですが、よろしければご参加くださいませ。
(粗品になると思うので過度の期待は御容赦ください。)

※当選の条件及びお詫び:
景品の選択等やその他諸事情により、まことに申し訳ありませんが、女性限定とさせていただきます。1万ヒットを踏んだご本人が女性でない場合、勝手ながら無効とさせていただきます。

1万を踏んだ方は、これから設置する予定の期間限定掲示板に1万のカウンターをコピーして申告ということになると思います。多分・・・。(;´Д`)ノ  
初めてなので、わからないことだらけですが、なんとか無事キャンペーンを終え、尚かつ、皆さんにも喜んでいただけたら・・・と思っています。

クイックメニュー「中華風鶏そぼろ茄子丼」

鶏肉専門店で購入した鶏挽肉500グラム。肉団子かハンバーグにして冷凍しておこうと思ったが面倒になったので、挽肉の状態のまま、中華風に味付け、冷凍した。これがあれば、チャーハンや中華丼、ラーメンがあっという間に出来るハズと想像(!?)して。
言うなれば、自家製インスタント肉?(予定)

というわけで、挽肉をごま油で炒め、豆板醤、オイスターソース、醤油、塩、ウェイパー(味覇)で味付け。フライパンのなかで、水分をしっかり飛ばしたものをビニール袋3つにわけて冷凍。うちではすぐに使い切るだろうから、専用保存袋にはいれていないが、少量づつしか使わない人は、サランラップの上に薄くのばして丁寧に包み、冷凍保存専用袋にいれて!

で、翌日のお昼はこれを利用した、簡単中華丼を作った。

■「中華風鶏そぼろ茄子丼」
麻婆茄子丼

食べる前に、卵の黄身をぽん!これで、ウマウマ度アップ!

「秋鮭と茄子とサツマイモのパスタ」で秋の味覚を満喫♪

スーパーで北海道産の秋鮭の切り身を買ったので、ランチにこれを使ったパスタを作った。秋鮭と合わせる具材には秋っぽく、栗を使いたかったが、なかったので、サツマイモで代用。

■「秋鮭と茄子とサツマイモのパスタ」
秋鮭パスタ


秋鮭がとっても美味しい!パスタにも合う!
次回は、栗やサツマイモなしのものをジェノバソースで食べたいかも♪

下で紹介しているレシピは具がかなり多めなので、3人前にする場合はパスタを増やすだけでオッケー。

スコーンとマフィンだけではなかった!イギリスの軽食パン「クランペット」♪

本日のチャレンジは、「あきら's Kitchen」さんのブログで紹介されていた、イギリスのお茶菓子&軽食「クランペット(Crumpets)」。オーブンではなく、フライパンやホットプレートで手軽に焼けるクランペットは、スコーンやイングリッシュマフィン同様にイギリスではポピュラーな軽食メニューらしい。(アフタヌーンティーに食べることも)
イースト入りなのでパンの1種ではあるが、見た目は片面を焼いたホットケーキ(もう片面は焼いてる途中のホットケーキ。表面にポツポツ穴が空いている。一応火は通っている。)で、サイズはイングリッシュマフィンくらい。食べる際には、熱々のクランペットの表面の穴にバターや蜂蜜をかけて食べると、中まで染みこんで美味しいらしい。\(≧∇≦)/

とっても簡単に作れるハズのクランペットだが、私は見事に失敗。
「種をお玉で流し込み」や、「スプーンで流し込み」という指示にどうしても従えなかったのだ。生地が固形化していたから!なので、手でコネコネ成形して焼いた。( ̄□ ̄;)

■クランペットもどき&野菜とハムのソテーチーズ和え。
クランペット

またしても大量生産!日付を跨いで、焼き焼き三昧。

山食5斤。HB2台で夜から翌日のお昼前まで、フル稼働で焼き上げ。その間、オーブンではカボチャのちぎりパンを焼き、シェル型18個分×3の分量で54個ではなく、15個焼ける延べ棒型「ゆず蜂蜜マドレーヌ」を焼き、ポンデケージョを60個焼いて、フィニッシュ。
焼き焼き三昧で過ごす時間は楽しいけど、足が痛い。ついでに眠い。(笑)

■ゆず蜂蜜マドレーヌは延べ棒13本とおニューな小菊型一台分♪
ゆず蜂蜜プチ花 ゆず蜂蜜大量

小菊型は可愛いくていいけど、食感は延べ棒のほうが断然イイ!

食欲の秋の前に物欲の・・欲しいものがイッパイの「馬嶋屋菓子道具店」

頻繁にパンやお菓子づくりをしていると、当然欲しくなるのが、様々な型や便利で使いやすい道具類である。マドレーヌはシェル型で焼いてみたいし、ちぎりパンにはスクエア型を使いたい。お洒落なマルグリッド型やフラワー型で、レモンケーキやパウンドケーキを焼いてみたい。パンマットもないと不便だし・・・と、パンやお菓子を作るにあたり、あれば便利で嬉しいが、なくても作れないことはないという・・・素人の趣味のレベルでいうと、ある意味贅沢品な型類、その他イロイロを・・・欲望のままに購入したのは、先週末のこと。
いつものように、「馬嶋屋菓子道具店」でウィンドショッピング(?)のハズが、つい、購入ボタンを・・・つい・・・。(;´Д`)ノ  

てなことで、我が家に届いたオサレな焼き型イロイロ、便利な道具イロイロを紹介しちゃおう。

■キュート~~~!
型1 型


お昼に注文し、2時間後には振込を完了。そして翌日の朝には届いた。なかなかヤルね、「馬嶋屋菓子道具店」。( ̄ー ̄)


自家製ミートソースで作る「パスタ・アラビアータ」

アラビアータ(赤唐辛子をきかせたトマトソース)といえば、「ペンネ」かもしれないが、私は「パスタ」で作る方が好き。初夏に作り貯めた冷凍トマトソース(又はミートソース)があれば、簡単にできるし、急なお客様にも出せる便利なメニューが我が家の「パスタ・アラビアータ」 なのだ。
今年の自家製ミートソースはトマトの量が少なく、熟し度がいまひとつだったので、そのまま使うより、解凍してから少しなにか足した方が美味しい。なので、やっぱり、「パスタ・アラビアータ」を作るのがベスト♪

■自家製ミートソースで作る「パスタ・アラビアータ」
アラビアータ


HBで焼ける「めったんこフワフワな食パン」♪

切らしていた強力粉等のパン製菓材料が届いたので、「Everyday Bread & Sweet's」さんの「めったんこフワフワの食パン」にチャレンジしてみた♪といっても、焼くのはHB。私は材料を入れるだけ。(^3^)/

我が家のパン焼き機2台で焼き比べ♪
12才のナショナル製初号機と、3才くらい?なサンヨー製の弐号機(餅つき&パン焼き)でレッツ、チャレンジ♪

水飴や生クリーム、卵が入ったパンは、「Everyday Bread & Sweet's」さんの@こぶたさんの仰る通り「フワフワ」。焼き上がったら、熱々をそのまま。冷めたら軽くトーストして食べると美味しい。翌日まである程度柔らかいが、食べきれない分はすぐに冷凍保存したほうが、フワフワ感が楽しめるかも。

■ふわふわパン<ナショナル製初号機>
フワパン1


■ふわふわパン<サンヨー製の弐号機>
フワパン2

これはイケる!「生クリーム&栗とバニラのフレーバージャム入りクレープ」

有名な「神戸北野ホテル」の朝食にも提供されているという、イグレックブリュス+のオリジナル・フレーバージャム「コンフィチュール」。「アプリコット」、「赤すぐり」、「木苺」に「ブルーベリー」といったシンプルなものの他に、「ラズベリーミルク」や、「マンゴーとオレンジの胡椒風味」、「アプリコットと紅茶」、「ルビーグレープフルーツとライム」「りんごとレーズンのシナモン風味」「バナナのキャラメル生姜風味」「木苺とチョコレート」などといった、それ自体が立派なデザートになりそうなジャムが揃っている。食べるのも買うのも初めてで、どれにしようか大変悩んだが、ケーキに合いそうな「栗とバニラ」「ブルーベリー」を選んで購入。

てなことで、早速デザートに利用♪
10分あれば出来ちゃう、簡単デザート「クレープ」にチャレンジなのだ。

■生クリームとフレーバージャム入りクレープ
クレープ


■イグレックブリュス+「栗とバニラのフレーバージャム」840円
イグレック

立派なギフト用菓子に!延べ棒型に焼こう!しっとり美味な「ゆず蜂蜜のマドレーヌ」

本日のチャレンジは久しぶり(?)の焼き菓子。そんでもって、またまた実家へのプレゼント用。( ̄ー ̄)
実家からの持ち帰り品である「ゆず蜂蜜漬け」(韓国モノ)瓶の中身を減らしたいが為に焼くので、あちらに引き取ってもらうだけなんだけど、カタチ的にはプレゼント。押しつけでもね。(爆)
今回の主役、「ゆず蜂蜜漬け」はなんと1.03キロ入り!ゆず蜂蜜茶を好まない家では邪魔モノ扱いされる量である。Σ(T▽T; 
今回のチャレンジを前に、なるべく沢山消費できるレシピを探したが、使えそうなものには大抵、大量のアーモンドパウダーが必要。・・・減らしたいのは「ゆず蜂蜜漬け1.03キロ」の方なんだけど。(^^;
仕方がないので、簡単なマドレーヌに投入することを決意!レシピは、「たかこさん&みかさんの毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ」を参考にしながら、適当にアレンジ。(^・^)
シェル型もないし。いつもの丸いマドレーヌ型もつまんないので、買ったばかりのミニパウンド型を利用し、フィナンシェ風に焼くことにする。

■「ゆず蜂蜜のマドレーヌ」
ゆずはちみつマドレーヌ

ミニパウンド型に少な目の生地を入れて焼いた「ゆず蜂蜜のマドレーヌ」は、いい感じの延べ棒に焼き上がった。普段のマドレーヌより、ちょっとゴージャス?(笑)

レシピは・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。