書庫童-syokowarawa-

本メインの筈が、パンとお菓子のブログと化しております。書庫に住み着く座敷童「書庫童(ショコワラワ)」が甘党なのかしら?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カップケーキ型パウンドケーキ&2斤パン

昨年のいただきもののヨーグルトソースは大層美味しかった。私には甘すぎることの多いジャムとは違って、一口くらいならスプーンでそのまま食べられる、上品な甘さ。洋梨とブルーベリーの2本をいただいたのだが、特に気に入ったブルーベリーには丸い小さな実まで入っている。ケーキのソースにしても、ヨーグルトにかけても美しい♪しかも美味♪是非とも自分でも買ってみたい商品だ。
爽やかなフルーツの味が楽しめるこのソースは、私がいつもお世話になっているA先生が「うちはそのままヨーグルトにかけるしかしないけど、○○さんならいろんなものに使えるんじゃないかと思って」と、可愛らしく微笑みながらくださったものである。期待は裏切れない。是非とも次ぎにお会いするときにこのソースを使ったお菓子をお持ちせねば!!
いろいろ考えたが、お会いする日はパンを4本焼く日でもあるので、簡単なもののほうがいい。そこで、普段もっともよく焼くお菓子であるパウンドケーキを焼くことにした。型は持ち運びが便利なカップケーキの紙型。長年使っているレシピではなく、ネットで見つけたレシピを試す。別立て法(ふわふわパウンド)でお正月に作ったものだが、今回は私が常にやっている作り方、全卵すり混ぜ方(しっとりパウンド)のほうで、ソースの甘みを考えお砂糖を少々減らして焼いてみた。
パンの方は最近の弐号機(サンヨー)の不調を考え、弐号機では1斤のみ、初号機(ナショナル)で2回の計3斤を焼いた。もしも失敗したときのために、オーブンも使用。こちらは2斤のアルタイト型だ。幸い、弐号機が久しぶりにまともな大きさで焼き上げてくれたので、オーブンの方は半分自宅消費にまわせた。ああ、よかった。(o^ー')b

■焼き上がりました。
ケーキ 2斤パン


■コープで見つけました!お手頃価格で嬉し~♪
ヨーグルトソース ヨーグルトソース裏

スポンサーサイト

服部天神宮の周辺グルメ報告<おまけ>

服部近辺のケーキ屋さんはそう数多くない模様。ちょっと入り用があったので、地元のタブロイド紙で紹介されていたお店によってみた。

■ツルミコンフェクト 服部本店<洋菓子店>
住  所:豊中市服部南町2-3-1
営業時間:午前9時~午後9時半
定 休 日:不定休

激ウマとはいかないが価格はかなり抑えめのお店。ほとんどが300円台のケーキ類は安くてもシャ○レーゼは避けたい場合などにはいいかもしれない。モンブランを買うなら、普通のものではなく、ここでは少し高めの和栗のモンブランをお薦めする。
ただし、味にうるさい方へのおつかいものには、北摂の超有名店「ムッシュマキノ」のほうを強くお薦めする。最近は450円以上から700円くらいのケーキが主流の有名店のなかで、あそこは価格を抑えながらも、美味しく美しいケーキを揃えてくれている。高級感のあるパッケージも贈答向き。ロールケーキ類は華やかな見た目としっかりした味ながら千円から。種類も結構あるので、妥協ではなく、好みのケーキを選ぶことができる。

■ムッシュマキノ 向丘本店<ケーキのような建物が可愛い>
住  所:大阪府豊中市向丘2-10-20

■ムッシュマキノ 少路店<こちらがもともとあったお店。向丘本店の向かいの通りにある>
住所:大阪府豊中市少路2-1-6アビタシオン西緑ヶ丘

服部天神宮の周辺グルメ報告<その2>

十日戎で訪れた服部では、果琳珈琲店以外にも寄り道をした。以前一度訪れたことがあるパン屋さん「麦工房 らくだ」である。以前はこのお店の人気商品であるクリームパンを中心に菓子パン系を買い求めたのだが、私の好みで測る評価はそこそこだった。今回数年ぶりに訪れた夕方のお店には・・・・商品がほとんどなかった。( ̄□ ̄;)!!残った商品は夕方になって追加されたとおぼしき分量でそこそこあるのだが、5種類程度の品揃えの中に好みのものはない。うむむ。壁際に並ぶのは予約済み商品をいれた袋のみ。唯一残っていた山食1斤を逃してなるものかと掴むが、ほんとにそれのみで買い物終了。もっといろいろなパンを買ってみたかったが、ないものはショウガナイ。トボトボ帰る。ヘ(T◇T)ノ
そして帰宅後、スライスせずにちぎって味見・・・とってもとっても美味しいではないか!ウマウマなパンをちぎっては食べ、ちぎっては食べ・・・半分食べたところで無理矢理ストップ。もしかしてトーストしたほうがより美味しいのではないかい?
翌日。期待を胸にウキウキトースト♪そして「あ~~ん」と一口。・・・・・サクサクしてるけど、そのまま食べたほうが美味しかったぞ。( ̄□ ̄;)!!
とっても美味しいこの山食。是非もう一度買い求め、焼かずに平らげたい。サクサクさせちゃもったいない、しっとり感と風味をそのままお腹に。皆さんもお試しあれ。

■麦工房 らくだ
住  所:豊中市服部西町4-2-2
営業時間:午前7時~午後7時
定 休 日:日休

国産小麦やバターを使い、無農薬の原材料や無添加にこだわったお店のパンは風味豊かな安心パンだ。添加物で少ない材料を大きくふくらませたパンとは違うこの美味しさを求め、本当に美味しいパン屋さんにはお店の場所が不便だろうがなんだろうが、お客は足繁く通うものだ。タケウチも同じ。

服部天神宮の周辺グルメ報告<その1>

十日戎に行った際に「寒い寒い」と言いながら、飛び込んだお店は「果琳珈琲店」。もともとは果実店だったそうだが、珈琲専門店としての歴史も古い。三国・服部・庄内、千里中央と北摂に4店舗。本店は服部で、店主の娘さんが店長を務めている。
北摂とは言っても、三国や庄内は隣接する十三などと同じ大阪市内の雰囲気の方が近いエリアである。(三国は一応住所も市内だが、庄内は豊中市)子供の頃は治安上の問題からあまり足を踏み入れることのなかったその町の歴史あるお店の名前を聞いたのは、のほほん北摂の中心的施設「千里中央」にお店が出てからである。オープン直後のお店はブルマンが500円で飲めるというキャンペーン中だった。初めてのお店で高い珈琲が飲めるということで、味見がてら友人2人と共にブルマンを注文。出てきたブルマンと当然のように一緒に頼んだケーキはフィッツェンロイター製のカップと皿に載って運ばれてきた。初めてみるお皿をじっくり眺めていると店主のおじさんが説明にきてくれた。特別に取り寄せたというブルーの陶器はドイツのもので、色も柄もなかなかよかった。(この1年後くらいには、結構多く出回ることになるこのメーカーの陶器だが、この時点ではあまり出回っていなかったように思う)
お店の雰囲気もお店の人もいい感じだったが、肝心のブルマンがキャンペーン中で注文が多くなるせいか、先に入れて置いてあったみたいで、味も香りもいまひとつ。普段なら入れ立てが出てくるんだろうけど・・・とても残念だった。そしてそのリベンジを果たせぬまま、数年経過。今回は服部本店に初入店。本店はレトロな雰囲気が素敵な喧噪とは無縁のほっこり空間。(千里中央店のほうはもう少し洗練された雰囲気)注文した珈琲は勿論入れ立て、とっても美味。お腹が空いていれば、ケーキかサンドウィッチを注文してみたかったが今回は断念。
次回は是非午前11時までというモーニングを頼んでみたい。千里中央店で、リベンジを兼ねて。服部店の方は毎年の十日戎コース入り決定。来年も温かくて美味しい珈琲でほっこりさせてもらおう。

■果琳珈琲店<服部本店>
住  所:豊中市服部元町1-3-7
営業時間:午前9時~午後9時
定 休 日:水休
※P4台
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               

服部天神宮の十日戎と周辺グルメ

豊中えびす神社のえびす祭に行って来た。この神社は足の神様で有名な服部天神宮として有名だ。(中に戎さんもお祭りにしているから、この時期はえびす神社と呼ぶのかな?天神さんもいらっしゃいますよ、ちゃぁ~~んとね)
去年のお札をお賽銭とともにお返しし、いろんな神様のお社を拝んでまわる。道真公の銅像の膝をスリスリ、なんだかよくわからないがお線香の煙も一応頭にかけてみる。十二支に別れてお祀りしてある社では自分の干支の前で手をあわせる。毎年恒例のお札を買い、神社での滞在時間は10分程。そのあとはまたまた毎年恒例、いつもの屋台へGO!はちみつ入りの生地と看板に書いている「たいやきや」で、カスタードクリーム入りを買い求めるのだ。ホカホカの鯛焼きは幸せの味がすると思うのは私だけだろうか?ここの鯛焼きはけっこうイケる味だし、これを食べるとちょっとほのぼのしてしまう。去年は他にもの凄い行列を作っていた肉まんやシュウマイのお店でも買い物をしたが、あまりにマズかったので、今年は行かない。( ̄^ ̄)
かわりに有名珈琲店に行ってみた。ちょっと遠いがパン屋さんにも行った。お目当ての雑貨屋さんは残念ながら発見することができなかったが、風邪が悪化した以外はおおむね満足。
(お店の詳細はまた後日)

ナ○コの浪速餃子スタジアム

今日は大阪キタにあるna○co浪速餃子スアジアムに行ってきた。年中無休で、入場無料。中に入って気に入った餃子があれば、その場で現金払い。そのままお持ち帰りもできそうな透明ケースに入れて手渡される餃子は持ち運びに便利。(一応持ち帰り用は別にある。焼いてない化粧箱入りもあり)
いろいろなお店をチェックし、数種の餃子を買ったら、スタジアムのあちこちに設置してあるテーブルに自由に座ることができる。ウロウロ歩き回って選びたい人間には嬉しいシステムだ。無料のお手拭きが出る機械もなかなかいい。
が・・・・ここは餃子自体がもの凄く高い。多分最安値なのが一皿370円6個入り・・・普通に聞こえるがこれがもの凄く小粒。6個で480円、4個で450円、3個で500円、2個で480円・・・。「これ一個240円」と納得できるかどうかは個人差があるかもしれないが、私的には「NO!で不満足」。
そこそこ美味しかったのは包王というお店の牛とん包(3個500円)のみ。これは材料が高級なので高いらしいが、まあ美味しかった。お代わりはしないけど。( ̄^ ̄)

いろいろなお店の味を一度に食べたくなったときには百貨店の地下食をくるくるまわったほうがいいかも?点々(天々?)に行って、蓬莱に行って、泉門天に行って・・と自分で餃子を買い集めたほうがきっと美味しい。まあ、これらの店のお持ち帰り用餃子は結構お高いし、実際にはおうちで手作り餃子、もしくは一種厳選購入になるのがオチなんだけどね。
最近は点心中心のバイキングなどを出すお店も多いので、そこで食べるのもまた一案。(予算:1500円~5000円)お薦めなのは、中華街で行われる春節祭。店先にある屋台をまわるだけで、かなりの満足感を得ることができる。今年も神戸の南京町で開催される。期間が1/29から2/5まで。お祭りの出し物をみるだけでも楽しい。(o^ー')b

あっという間にお正月が終わりました。

元旦・・・という時間に起きれなかった元日のお昼。昨日から浸しておいた餅米でお餅をつく。こう書くと昔ながらのお正月をきっちり再現して、お節のはいった重箱や、お正月飾りのある家のように思えるかもしれないが、それは違う。冷蔵庫の中はガラガラ。お節を入れるハズのお気に入りの重箱は毎年箱に入ったまま。いつもなら嗜好品程度の買い物はしていたが今年は一切なし!( ̄^ ̄)v
今年の年末、冷蔵庫の中身の補給をしなかったのは、元日もオープンしているスーパーのせいではなく、3日に行く実家での補給を見越してこと。(決して財布が寂しかったせいではない)
結果。今年もなかなかの豊作!\(^-^)/
いくらや蟹、ホタテにエビ、肉を中心に沢山お持ち帰り♪そして、帰宅後楽々冷蔵庫内収納。なんせ空に近いからね。(o^ー')b

■つきたて餅で作ったお雑煮をお気に入りのお椀に。
お雑煮

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。