書庫童-syokowarawa-

本メインの筈が、パンとお菓子のブログと化しております。書庫に住み着く座敷童「書庫童(ショコワラワ)」が甘党なのかしら?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館って便利♪

図書館には2週に1度のペースで通っている。最近はインターネットで蔵書目録を見たり、貸し出し予約をとったり出来るので、表の本棚に並んでいない書庫内の本や、近隣図書館に散らばった蔵書も簡単に借りれるようになった。もの凄く便利で有り難い。(これで延長申請もネット上でできるようになれば、完璧!)
図書館があるから読めた本は多数ある。お料理の本はすべてのページを見たいわけではないし、シリーズ本は何度も読み返すようなお気にいりの作家以外あまり買いたくない。いろんな辞典も気になるが高すぎる。そんな我が儘な活字中毒者の懐を支えてくれるのが図書館なのだ。○○市民でよかった!といつも思う。

閲覧させてもらって嬉しかった本は「類語大辞典」<講談社/2002.11月/6500円>。貸し出し不可だが、一日眺めていたい辞書だった。意味から調べるってのが面白いし、便利だと思う。
夢枕漠の「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」<全4巻/徳間書店>は人気本で、予約してから順番がまわってくるまで時間がかかったが、当時の唐の国の雰囲気や、空海という天才を、興味深く描いた、面白い作品だった。
最近人気の作家、あさのあつこ氏(「バッテリー」「NO.6」「The MANZAI」等)や、恩田陸氏(「六番目の小夜子」「光の王国 常野物語」「三月は深き紅の淵を」等)も、数多い作品のほとんどを借りることができる。(新作は下手すると数ヶ月待ちになるが、古い作品なら待ち時間なしだ。)絶版本で読むことを諦めていた作品があれば、是非一度図書館に行ってもらいたい。お宝の宝庫なんだから、あそこは♪

でもまあ、借りるだけで、ほとんど読まずに返しちゃう本もたまにある。ハウツー本などは、半分くらい借りるだけ。(爆)「自分で仕上げるかんたん額装 フランス仕立てのフレーミング」<広岡ちはる/文化出版局/2004.4月/1500円>とか、「小さなバラの刺しゅう Rose Houseへようこそ」<高村タチヤナ/雄鶏社>とか・・・手元に材料がない状態で借りると、パラパラページをめくり、「ふぅ~~ん」と眺め、感心して返却へ。
でも、読みたくなったらまた借りれるのが図書館のいいところ!よって、問題はなし!(o^ー')b
いつかやってみたいことを少しだけ知った気になる・・・ちゃんと全部読まなくたって何かは残るものかもしれない。本を敬遠している人もたまには図書館に行ってみてほしい、借りてみてほしいと思う。食わず嫌い以上に損をしている気がするから。面白い本に出会えるまでは、全部読めなくてもどんどん借りて、パラパラ読みでもなんでもいいから本とふれあって欲しいと思う。

最近読んだ本の一部:
伊坂幸太郎「アヒルと鴨のコインロッカー」<東京創元社/2003.11月>
本多孝好「MOMENT」<集英社>
恩田陸「蒲公英草紙 常野物語」<集英社/2005.6月/1400円>
近藤史恵「南方署強行犯係 狼の寓話」<徳間書店/2003.10月>
金田正子「赤毛のアンのペインティングブック」<日本ヴォーグ社/1999.12月/1295円>
あさのあつこ「The MANZAI」<ジャイブ/2004.9月/780円>
椹野道流「にゃんこ亭のレシピ」<講談社/2004.9月>

予約待ちの本の一部:
畠中恵「しゃばけ」シリーズ第4弾「おまけのこ」<新潮社/2005.8月>
斎藤孝「にほんごであそぼ 雨ニモマケズ」<集英社/2005.4月> 等

そのうち書評も載せていく予定。

日本の図書館・図書館関係機関リンク集
★国内で発行され、現在入手可能な書籍を収録する書籍検索サイト

スポンサーサイト

HARRY "I WON'T BACK DOWN" TOUR

私の愛するミュージシャン、元ストリート・スライダーズのHARRYの年末ライブのお知らせがきた。「HARRY "I WON'T BACK DOWN" TOUR」。ファン待望のバンドスタイルでのライブらしい。一年振りくらいだろうか・・・いつ見てもHARRYは格好いいし、声も最高。でも、今回のライブはなんと月曜日。いつも一緒にライブに行くHARRYファンの同胞は仕事で来れない。過去に何度か一人で行った経験はあるが、結構寂しいもんだった。今回はどうしようか・・・今思案中である。
ライブ後の会場付近は営業中の繁華街・・・なんか不安。おばさんが一人で歩いていても危険はないけどね。昔と違ってロックな格好で行く訳じゃないから、気分的には武装解除状態で丸腰、弱腰。いつも通り不気味に若作りしていけば、うさん臭い黒服君達は避けてくれるだろうけど、やっぱり一人じゃ不安。最近声かけてない同胞に連絡取ってみようかな。ファンクラブ先行受付締め切りまであと2週間・・・メールアドレスを忘れたので久々に手書きの手紙なぞ送ってみることにしよう。

■HARRY "I WON'T BACK DOWN" TOUR
12/17(土)仙台 MA.CA.NA  open17:30/start18:00 一般発売10/22(土)
12/19(月)札幌 KRAPS HALL  open19:00/start19:30 一般発売10/22(土) 
12/23(金・祝)名古屋 E.L.L  open17:00/start18:00 一般発売10/29(土)
12/25(日)福岡 DRUM Be-1  open17:00/start18:00 一般発売10/22(土)
12/26(月)大阪 バナナホール  open18:00/start19:00 一般発売10/29(土)
12/28(水)東京 LIQUIDROOM ebisu  open18:00/start19:00 一般発売10/29(土)

all standing \5,775(税込・整理番号付・ドリンク代別)
HARRYオフィシャルサイト http://www.harry-station.com/
※一般発売に関する詳細の問い合わせは10/11以降にとのこと。

秋の味「マロン・シュー」

一昨日の夕方、外出のついでにお土産の甘味を求め某百貨店を彷徨っていたら、大好物のシュークリームを扱っているお店を見つけた。ハッキリ覚えていないが以前にも購入経験があるかもしれないお店だ。そのお店「ふらんす・きゃべつ」では、2種類のプチシューと普通サイズのシュークリームを扱っていた。ショーウィンドウの前で立ち止まると、売り子さんがすかさず声をかけてくる。「期間限定のマロンシューですよ。珍しいでしょ?」手には「はいどうぞ」と味見用のマロンプチシュー・・・拒む理由がない私は勿論受け取った。パクっ・・・ムシャムシャ・・・ゴックリ♪なかなか美味しい。甘すぎず、変な後味も残らない(重要)。シュークリーム(カスタード好き)とソフトクリームは大好きだが、甘すぎる甘味を食べると体内が(気分的に)糖分飽和状態になる、基本は辛党の私の好みはなかなか難しいのだ。でも、その味見用プチシューはなかなかイケてた。てなことで、お買い上げ。
店員さんのすすめで選んだのは、普通のとマロンのプチシューが半分づつ、計30個入った円柱ケース。たっぷり感がなかなか素敵。自宅用にピッタリな安価さも素敵。
「ここは期間限定出店なので明日までなんです。よかったら又来てくださいね。」店員さんもなかなか商売上手だ。しかし、秋の新米祭り中の我が家では、2日連続でプチシューを食べる「体重の」余裕がない。もの凄い増量で、すぐにでもダイエットに突入せねばならない状況なのだ、ほんとは。でもとりあえず、その日の分は買う。買っちゃった。

ダイエット実行時の常套句「明日からがんばる!」でその場を乗り切り、その明日を過ごし、そのまた明日になった今日もしっかりたっぷりご飯を食べてしまった根性なしに秋服ファッションを楽しむ日は来ないかもしれない。

なんでこんなに美味しいんだろうね、秋の味覚って。悩む私を優しく包むのは、栗やさつまいも、新米の優しい味。駄目だね、もう。(笑)

☆秋のお花は投げ入れ、ラルフ・ローレン風(?)
花材は石化柳・サンデリアーノ・ユリ・木イチゴ・ユーカリ・ワックスフラワー(魚鱗梅)。花器のサイズが合わず、石化柳を全部いれられなかった。残念!
秋の花

いつのまにやら連休2日目

連休に入ったことに気づかないまま、金曜を迎えた私。
ぼ~~っとしていたら、あっという間に土曜になり・・・・・・・・あと1時間弱で日曜を迎えてしまう、おお、なんてこったい!
混み合う行楽地に行く気はゼロだったし、パジャマのまま寝転がって、いっぱい本を読めて楽しいっちゃ楽しいんだけど・・・なんか損した気がするのは何故だろう?
でもいいもんね。今日は買い物ついでにずぅ~~と気になっていたけど、食べ損ねていたソフトクリームを食べれたし!
いかりスーパー某店内にある喫茶ルーム(もとは中国料理のお店だった)で出しているこのソフトクリームを、入り口に貼ってある宣伝ポスターで知ってから数ヶ月・・・・。
喫茶ルームが閉まっている時間を狙って買い物に出かけるわけではないが、今日まで食べる気満々なのに食べられずにいた、タイミングの悪い私。数ヶ月かけ、やっとこさ喫茶ルームに入れた今日、無事ソフトクリームを食べることができたぜぃ!(^3^)/
これで、先月食べたハーゲン○ッツのソフトクリームが、ソフトクリーム型にもった普通のバニラアイスだったショックから、抜け出すこともできた。いかりさん美味しいソフトクリームを有難う!(お値段はかなり安めの200円。サービス価格?)

○今年のお月見
18日のお月見用に買ったのは、千鳥屋さんのお団子。パッケージがかわいい。右の写真はお月見している兎の柄のお皿に盛ったもの。
月見 月見だんご


京都・大阪・神戸の人気ベーカリー

パン好きな私は、某雑誌のベーカリー特集号を大事に保存していたりする。
2004年5月のものなので、データとしては古いかもしれないが、つぶれることの少ない人気パン屋の住所を調べるには十分である。
先月、姉と京都に遊びにいく機会があった。8月の京都なんて、普段なら絶対に行かない。京都の冬寒くて夏暑いというのは有名だが、夏の暑さは我慢大会並にキツイ。全身が湿気につつまれ、ベタベタと不快。蒸し暑いというより蒸し焼きにされている感じ。
暑さに参るのはわかっていた・・・わかっていながら行ってしまったのは、特集号で紹介されていたベーカリーに行ってみたかったせいだ。普段なら降りることのない京都烏丸線「今出川」下車徒歩15~20分にある「ル・プチ・メック」。フランスパンが美味しいとの情報にハード系の甘くないパンが大好きな私はフラフラと引き寄せられちゃったのだ、真夏の京都に。
特集では、京都の「ル・プチ・メック」、大阪の「ブランジュリ タケウチ」、神戸の「イグレック・プリュス+北野店」の3店が関西の人気3店という紹介だったが、レベルでいうと正直3つ横に並べるのは難しい。「ブランジュリ タケウチ」は、関西のパン屋さんの中ではダントツのナンバーワンだと思うし、「イグレック・プリュス」は世界一とうたわれる朝食で有名な神戸北野ホテルのパンが買える(スィーツもね)お値打ちパン屋さんだ。三都市でわけずに味で関西人気店を選ぶなら京都の「ル・プチ・メック」はおそらく入れないだろう。
パン屋さんとしては美味しい部類に入るのは確かだが、「ル・プチ・メック」でのおすすめはカンパーニュやバケットではなく、店内でも食べられるカスクルート(ベーコン 380円)だ。ここではパンを沢山買い占めるより、店内のイートインスペースで、のんびりお茶して帰ることをおすすめする。
ここから駅までの間に雑誌によく紹介されているというメロンパン屋さん、そしてうさぎロゴがかわいいベーカリーが存在するが、この2店はちょっとおすすめできない。
うさぎロゴのお店のほうは価格的にかなり安いし、見た目は普通だが、なぜか味が壊滅的にマズい・・・姉宅ではゴミ箱行き、我が家ではフレンチトースト等加工必須のストックになってしまった。悲しい話だ。
ベーカリーで買ったパンのなかでワースト1に輝いたこのお店、次ぎに通りかかるまで存在しているかしらん?

ちなみに・・・暑い京都を歩いたせいで、1キロ減量に成功。ダイエットするなら真夏の京都?天然サウナは、案外いいものかもしれない。
京都パン屋1京都パン屋2京都パン屋3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。